アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 建築家の肖像 > アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室 坂本一成

建築家にとって重要なのは、建築をどう認識するか、どう実感するか。それは、常に自分を相対化しながら探していくものである

建築家にとって重要なのは、建築をどう認識するか、どう実感するか。それは、常に自分を相対化しながら探していくものである

アトリエ・アンド・アイ 坂本一成研究室 坂本一成

例えば、自由な架構で高い評価を得た「House F」、ヒエラルキー的な集合住宅のつくられ方に一石を投じた「コモンシティ星田」。そして、サステイナブル建築の見本ともされる「egota house A」など、坂本一成は、多く住宅を介して、新しい建築空間の有り様を世に示してきた。また、約40年にわたり大学で教鞭を執ってきた坂本は、思想家としても、社会と建築の関係を真摯に研究し続けている。研究においても、実践においても、その根底にあるのは「建築を自由にする」姿勢だ。それがひいては、人々の生活や活動の自由を許容し、より促すことになると考えている。現代の設計において大切なものは何なのか。相対主義に立ち、常に根本を問い直すスタンスは、今日まで変わらない。

日本を代表する建築家の一人として、世界的な活動へ

坂本は、世界各地で多くの展覧会を開いている。個展としては、2001年のパリ・IFA(フランス建築協会)を皮切りに、「ギャラリー・間」、ドイツの現代美術館などで、意欲的に作品を発表してきた。これらが一つの契機となって、公共施設や海外の大型案件が増えてきたが、なかでも最近、とみに広がっているのが中国だ。「東銭湖国際教育フォーラム専門家スタジオ」「常州工学院国際学術交流センター」などは、今年からの着工が予定されている。

メディアや展覧会を通じて作品を発表するのは、外部からの評価を得たいというのもありますが、〝まとめ〞が自分に返ってくるというか、それによって自分の建築を相対化することになるからです。それを新しい仕事に生かすことができれば、手応えを得られるし、自分の変化にもつながっていく。そういう意味で、作品を発表する機会は大事にしたいと考えています。

確かに、展覧会から海外の仕事が生まれた感はありますが、中国については、僕が東工大を退任する前から講演会に呼ばれていたんです。それから展覧会に呼ばれ、仕事のオファーもくるようになった。今、かなり頻繁に中国に行っている感じですよ。僕は、建築家としては作品数が少ないほうだし、できればもっとブレーキをかけながら取り組みたいところなのですが……中国の案件は増えそうな感じです。

一般的に、中国の仕事は急がされるようですが、僕らはそれなりに時間をもらえているし、現場監理まで任せてもらえそうです。ディベロッパーの介在なしにやっているので、そういう意味では恵まれていると思います。政治でどう変わるかはわかりませんが、少なくとも、よく言われる中国の難しさは、今のところ感じずに済んでいますから。この先も変わらず、淡々と仕事を継続していければと思っています。

プロフェッサーアーキテクトとして長く活動してきた坂本に、教育観を尋ねたところ、「一番苦手な質問」だと苦笑された。手取り足取り教えるのではなく、坂本自身がそうであったように、常に相対主義に立ち、自分で建築の本質を問うことを後進にも求めているからだろう。「誰にとっても考えることは同格」という言葉は、実に坂本らしい。

作品の一つに、集合住宅の「egota house」がありますが、これは東京建築士会の主催によるプロポーザルだったんですね。審査員が順番をつけて5点選んだのですが、僕らの案は、実は最下位の5位でした。それが最後、クライアントが選ぶ段になって逆転し、採択されたのです。その理由は「当たり前のような感じを受ける建物」ということで、僕らの趣旨と合致するものでもありました。

また一方、この建築は日本建築学会の選集委員会からは評価されず、掲載の採用がありませんでした。それを再度、3年目に出したら、面白いことに、今度は選集に採用されて作品選奨にも選ばれた。おそらくイデオロギーの違いだとは思います。つまりここで言いたいのは、価値の一元化などできにくいということです。

若い人たちに対して使っている言葉ですが、物事は相対的に見てほしいと思うのです。バシュラールの言葉に「認識論的障害」というものがあります。自分がよく知っている、わかっていると認識していることが、逆に、新しい知識を得る障害になっているということですが、僕が影響を受けた先生方から学ばせてもらったのは、こういうことだと思っています。

ノウハウや手法などは、あとからどうにでもなる。問題は、どう建築を認識するか、どう実感するか。建築家にとって重要なのはこうしたことで、それは、自分たちで相対化しながら探していくしかありません。いつも〝現在〞しかないような風潮は、よくないです。自分が「いい」と納得できることを探し、継続していくことが大切なのではないでしょうか。それが建築家の重要な活動だと思うんですよ。

固定ページ: 1 2 3 4

PROFILE

坂本 一成

坂本 一成

1943年7月19日   東京都八王子市生まれ
1966年3月     東京工業大学工学部建築学科卒業
1971年4月     東京工業大学大学院博士課程を経て、
武蔵野美術大学建築学科専任講師
アトリエ・ハウス10設立
1977年4月     武蔵野美術大学助教授
1983年12月     東京工業大学助教授 工学博士(東京工業大学)
1991年4月     同大教授
2009年4月     同大名誉教授
アトリエ・アンド・アイ
坂本一成研究室設立

主な受賞
1990年 日本建築学会賞作品賞(House F)
1992年 村野藤吾賞(コモンシティ星田)
2011年 日本建築学会賞著作賞
(『建築に内在する言葉』/TOTO出版)

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ