アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

経済活動を中心にするのではない、豊かな生活世界を支える社会をどうつくっていくか。「建築の未来」はそこにあると思う

経済活動を中心にするのではない、豊かな生活世界を支える社会をどうつくっていくか。「建築の未来」はそこにあると思う

北山恒

「建築の主題は、都市のほとんどを埋め尽くす住宅である」と主張するように、北山恒の作品群には住宅が多い代表的なものに「洗足の連結住棟」「祐天寺の連結住棟」があるが、これらは、現代社会で希薄になっている共同体感覚を喚起する新しい集合住宅として、北山が世に問うたものだ。背景には、20世紀後半から始まった人々が分断されるような空間への批判がある。
壊れていく都市、コミュニティを憂慮し、北山は一貫して、人間が豊かな社会を形成していくための建築を模索し続けている。社会の仕組みをデザインすることが、建築の本質だと考えているからだ。北山の視線の先にあるのは「経済のための都市ではなく、生活のための都市づくり」である。

経済活動を中心にするのではない、豊かな生活世界を支える社会をどうつくっていくか。「建築の未来」はそこにあると思う

絵や工作に長けた少年。“建築のすごさ”を早くに感じ取る

総理府(当時)にいた父親が香川県庁に出向していた関係で、北山は小学校6年まで高松市で過ごしている。同地には、強く記憶に残る建築物がある。丹下健三が設計した香川県庁舎だ。父親が発注者側にいたことから、庁舎の竣工式に出る機会を得た北山は、その空間の力に驚いたという。

親父が出向を終えて東京に戻った頃ちょうど完成するのが国立代々木競技場の体育館。とりわけ、僕もよく通ったオリンピックプールがカッコよくてやっぱり丹下さんなんですよ。香川県庁舎もそうですが、すごく“開かれている”というか、子供心にもほかの建物とはまったく違うと感じていました。「建築ってすげーな」と思った原点は、ここですね。

僕が高校生の頃は学生運動が熱を帯び始めた時代で、通っていた戸山高校でも、進学校ながら高校闘争があり、大学進学をよしとしない連中がけっこういました。僕もその一人で、「本当に革命が起きる」と思っていたからデモにも参加し、一方では、寺山修司の演劇やヌーヴェルヴァーグを代表するゴダールなどの作品に夢中になりと、そんな高校生でした。

勉強なんてほとんどしないから、成績は落ちていったんですけど、現代国語と体育、そして美術だけはよかった。小さい頃から絵と工作が得意で、何かと賞に入選していたから、自分には才能があると思っていたんです。だから大学受験を控えた時、僕は美大を考えたのですが、親父が官僚でしょ、「法学部とか工学部とか、まっとうなところに行け」と言うわけです。まぁ、まっとうかどうかは別にして(笑)、工学部なら建築があると。丹下作品に感動したわけだし、美術的にもつながりがある。それで僕は、進路として建築を選んだのです。

横浜国立大学へ進学

東大の入試が中止され、臨んだ京都大学は落とされ、北山は浪人したのち、横浜国立大学へ進学。変わらず学生闘争に参加していた北山にとっては、当時、“過激な大学”だった横浜国大は、結果的に肌に合ったようだ。

建築学科の学生仲間で、どこのセクトにも属さない「建築共闘」を立ち上げたんです。赤くARCと記した黒ヘルメットを被り、デモにも積極的に参加して。公安関係者に「お前ら、アナーキストだろう」と詰められた時には、「我々はアーキテクチャーだ」と(笑)。

1年生の時だったか、『美術手帖』で連載されていた磯崎新さんの「建築の解体」を見つけたんです。学生闘争と連動するようなタイトルに惹かれて読み始めたのですが、僕は大きな影響を受けています。それまで、建築はとても体制的なものだと思っていたのが、そこには「建築は社会を変えていく文化運動である」という主張があった。建築でも社会を改革できるかもしれない――僕がちゃんと勉強しようと決めたのは、それを信じたからです。

アルバイトにも精を出していたのですが、原宿にあったULTEC(丹下健三・都市建築設計研究所)では、憧れの丹下さんの近くで、建築というものがつくられる現場を“実感”することができました。加えて、社会を見たくてやっていたのが横浜の港湾での荷役。仕事がきつく、バイト料が破格によかった。一晩で1万5000円。これで国立大学の学費1年分を稼げたんですから。時に年配の港湾労働者に付き合わされ、イカサマ賭博でお金を巻き上げられたこともあったけれど、それも含めて面白かった。なかなか刺激的な大学生活を送っていましたね。

大学院在学中に事務所開設。そして“建築武者修行”へ

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

北山 恒

北山 恒
Kou Kitayama
1950年7月14日 香川県高松市生まれ
1969年3月 東京都立戸山高等学校卒業
1976年3月 横浜国立大学建築科卒業
1978年4月 ワークショップ設立(共同主宰)
1980年3月 横浜国立大学大学院修士課程修了
1987年4月 横浜国立大学専任講師
1995年4月 横浜国立大学助教授
architecture WORKSHOP設立
2001年4月 横浜国立大学教授
現在 横浜国立大学大学院教授/Y-GSA(YokohamaGraduateSchoolofArchitecture)校長
主な受賞歴
1997年 「白石市立白石第二小学校」(共同設計:建築学会東北建築賞作品賞、日本建築学会作品選奨)
2004年 「公立刈田綜合病院」(共同設計:日本建築学会作品選奨・日本建築家協会賞)
2010年 「洗足の連結住棟」(日本建築学会賞・日本建築家協会賞)
2012年 「祐天寺の連結住棟」(日本建築学会作品選奨)

ほか受賞作品多数

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ