アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > Special Report > GOLF LiViNG KOGA

ネットワークした登録建築士と協働し、 古河市の高齢者向けマンションを 「ゴルファーズ・マンション」に再生

ネットワークした登録建築士と協働し、 古河市の高齢者向けマンションを 「ゴルファーズ・マンション」に再生

GOLF LiViNG KOGA

「クライアントの価値創造への貢献」「クリエイターの生涯価値の向上」を事業コンセプトとする、クリーク・アンド・リバー社(C&R社)。そのコンセプトを体現する活動の一つとして、建築プロデュース事業を展開している。同社に登録した設計事務所、建築士などと建築プロジェクトの的確なマッチングを図り、双方の価値を最大限高めるという取り組みである。

その第1号案件として、2015年10月、日本初ともいえる〝ゴルファーズ・マンション〞「G O L FLiViNG KOGA」(茨城県古河市)が完成。本物件のプランニング、設計を担当した建築士の細村研一氏と須貝重義氏、C&R社建築事業部ディビジョン・マネジャーの日高浩一氏に、完成までのプロセス、その意義や成果を聞いた。

ネットワークした登録建築士と協働し、 古河市の高齢者向けマンションを 「ゴルファーズ・マンション」に再生

建築士と管理会社、 C&Rの力を 三位一体化

日高 このほど完成した「GOLFLiViNG KOGA」は、建築プロデュース事業の中の一つの取り組みである「3+(ミタス)プロジェクト」の記念すべき第1号案件となりました。このプロジェクトは、全国賃貸管理ビジネス協会さんと当社が組み、同協会加盟の管理会社と当社に登録する建築士のマッチングを図り、物件オーナーのニーズに応じた最適な賃貸物件を提供するという取り組みです。建築士のアイデアやデザイン力と管理会社のリーシングノウハウ、当社のプロモーション力を三位一体化させ、高品質かつ差別化された収益力のあるオーダーメードの物件をご提案できるという、画期的な試みであると自負しています。
細村 そのとおりだと思います。
日高 当該案件の話が舞い込み、オーナーと管理会社のニーズを確認しに伺いました。高齢者向け住宅として運営されていましたが、経営状態はいまひとつ。管理会社も業態転換を考えていました。また、築13年でまだきれいな建物であり、「3+プロジェクト」ができたのなら賭けてみようと声をかけていただいたという経緯です。さっそく当社で3組の建築士を選び、コンペのかたちにさせてもらいました。
須貝 そういえば、どんな基準で3組を選んだのですか?
日高 オーナー、管理会社のニーズを満たすであろう提案力と、提案のバリエーションを重視し、年齢や性別、過去の実績、建築への指向などで判断してお声かけしました。
細村 C&R社から指名してもらい、話を聞いてぜひやりたいと思いました。しかし、多忙にしていたことと、リノベーション案件だったこともあり、それが得意な須貝君にも加わってもらうことにしたのです。須貝君は自らシェアハウスを経営するなど不動産領域にも強く、彼の知見がいい提案につながると確信しました。
須貝 細村さんは隈研吾建築都市設計事務所勤務時代の先輩で、独立後は細村さんの事務所でしばらくお世話になったという仲です。私は隈さんの事務所の後、リノベーションが得意なブルースタジオにいたことがあり、数多くの物件の再生にかかわりました。稼働率が低い物件に付加価値をつけて収益力を高める事業に専門的に取り組んできたので、今回、細村さんから誘われて二つ返事で快諾しました。
細村 窓口は一応私の事務所スタジオ・エイチ・プラスが務めましたが、参画者としてはあくまでも須貝君との連名でお願いしました。

広い共用スペースを同じ愛好者が使うシェアハウスに

ページ: 1 2 3

PROFILE


細村研一

1979年、工学院大学建築学科卒業後、天野建築設計事務所入社。

87年、空間研究所(代表 隈研吾)設立と同時に入社。

9 0 年、隈研吾建築都市設計事務所設立と同時に移籍。

2004年、有限会社スタジオ・エイチ・プラス設立。

一級建築士。

須貝 重義

1997年、東洋大学工学部建築学科卒業後、英国ブライトン大学建築デザイン学科、同大学同コースディプロマで学ぶ。

帰国後、隈研吾建築都市設計事務所、ブルースタジオ、スタジオ・エイチ・プラスなどを経て、

2009年、株式会社シグアーキデザイン設立。

一級建築士。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ