アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > Special Report > STAPLE HOUSE KOGASAKA

登録建築家の活動可能性を広げるため、<br>「賃貸住宅に強い建築家」ブースを出展

登録建築家の活動可能性を広げるため、
「賃貸住宅に強い建築家」ブースを出展

STAPLE HOUSE KOGASAKA

2019年7月30日・31日、クリーク・アンド・リバー社建築グループ・プロデュースチームは、賃貸住宅に強い登録建築家13名をラインナップし、全国賃貸住宅新聞社が主催する「賃貸住宅フェア®2019 in 東京」に出展。
直接、建築家と不動産オーナーを結びつける初の試みの狙いと、成果をリポートする。

不動産オーナーへの啓蒙活動に活用

 クリーク・アンド・リバー社建築グループが初めて「賃貸住宅フェア®」に出展したのは2年前。その経緯について、同グループ・プロデュースチームの鈴木謙一は次のように言う。

「賃貸住宅を経営する不動産オーナー向けのイベントとして、当社で調べた限りでは日本最大規模でした。そこで、我々がプロデュースしている賃貸住宅『クリエイティブ・レジデンス・シリーズ®』のPRに活用できないかと、まずは様子を探ることを目的に参加してみました。実際に小さなブースを出してみて、相当数の不動産オーナーが来場していることがわかりました。そこで、当社に登録している建築家と不動産オーナーが直接出会え、相談できる場を実現させたいと思いついたのです」

ブースはスケルトンで、内部までよく見えるように造作。パネルや映像で来場者の目を引く工夫も。ブース前では、クリーク・アンド・リバー社の女性スタッフが呼び込みにも励み、多くの集客につなげた


【次のページ】
予想以上の反響さらに規模拡大へ

ページ: 1 2

PROFILE

遠藤慎也
全国賃貸住宅新聞社 取締役 企画開発部

当紙としては、空き室の増加が社会問題となる中、代わり映えのしない賃貸物件では入居者が決まらないという問題意識を発信してきました。このほど、クリーク・アンド・リバー社さんからブースの提案を受けた時、同じ問題意識として共鳴し、共同設営とすることにしました。つくっていただいたブースは斬新な造作で、パネルや映像をフックに多くの来場者が訪れていたと聞いています。何よりも、不動産オーナーが建築家と直接話せるイベントはこれまでなかったものなので、当社としても非常によかったと思っています。賃貸住宅経営の動機として、相続における節税対策という面が強くあると思います。魅力ある物件づくりにまで関心が向きにくい状況を、今後も本企画を継続させ、変えていくきっかけにしていきたいですね。

須貝重義
株式会社シグアーキデザイン代表

古くなって稼働率が落ちた賃貸物件をどう再生するかといった意識の高い不動産オーナーが多く集まるイベントだと聞いていたので、鈴木さんから声をかけてもらった時にすぐ参加を表明しました。私は「クリエイティブ・レジデンス・シリーズ®」としてゴルフ愛好者向けリノベーション集合住宅を手がけましたが、こうした具体例を見てもらえるいい機会だと思ったからです。実際に多くの不動産オーナーと話すことができました。それぞれ問題を抱えていることがわかり、自分の考えをお伝えしましたが、今後につながる期待を感じるよい機会だったと思います。我々のような建築設計事務所のPR手段はホームページや雑誌記事くらいしかなく、不動産オーナーに直接営業する機会は皆無です。こうした機会は、非常に貴重ですね。

お問い合わせ
クリーク・アンド・リバー社 建築グループ プロデュースチーム

当社のプロデュースチームに設計・プランニングなどの提案を依頼されたい方々、
今後、当社のプロデュース案件にチャレンジしてみたい設計事務所・建築会社・
建築士の皆様からのご連絡、エントリーをお待ちしております。
TEL /0800-170-0091(フリーコール)
http://www.arc-agency.jp/

 

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ