アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > > 株式会社竹中工務店

誰も見たことのない美しい景色をつくりたかった。知恵と新技術を詰め込んだ、大阪の新たなランドマーク

誰も見たことのない美しい景色をつくりたかった。知恵と新技術を詰め込んだ、大阪の新たなランドマーク

株式会社竹中工務店

超高層集密都市――。地上300mの高さを誇る「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)は、「ビル」でも「高層建築」でもなく、そう呼ばれることがある。いくつかの建物が組み合わさったような外観は、「超高層といえば対称形」の概念も吹き飛ばす。だがそこには、「そのカタチでなければならない」理由があった。今回は、計画スタートからおよそ7年間にわたってこのプロジェクトに携わった、竹中工務店設計部のメンバー4名にご登場いただこう。

都市の機能、楽しみを立体的に集積

日本一の売り場面積を持つ百貨店、レストランにオフィス、ホテル、さらには医療施設や大学、美術館から託児所まで。そこには、ざっとこんな“機能”が集まる。ただし、それだけなら従来の複合ビルの延長線、といえるかもしれない。

「昼休みに、ふと見つけたカフェでお茶をする。美術館の帰りに、食事やショッピングを楽しむ――。都市には、いろんな過ごし方が、無限の組み合わせでありますよね。我々が目指したのは、それを立体的に体感できる場所です。従来の“複合施設”のように、ビルのフロアをここからがオフィス、その上にホテル、と単純に切り分けたのとは違います」

プロジェクトで設計のリーダーを務めた原田哲夫設計第6部長は、あべのハルカスの設計思想をそう語る。そうしたコンセプトを実現する建物の“造り”はどうなっているのか。構造設計を担当した平川恭章設計第6部門構造グループ長に説明してもらおう。

「“カタチ”からいうと、低層に敷地いっばいに百貨店が建ち、その上のオフィスが入る中層階は、ややスレンダー。自然光がコアを通して室内まで届くことを考慮したものですが、オフィスのフレキシビリティや眺望を重視して22m×72mの柱のない空間も用意されています。その上のホテルは、逆に細かな部屋の連続で、外観はさらにスリムに。あくまでも百貨店として、あるいはオフィス、ホテルとして最適な空間とは何かを追求し、スタックしていったわけです」

日本一の高層ビルを見上げると“3大用途”の繋ぎ目に、アウトリガーと呼ばれるトラス状の部分が目に入る。この部分で上に載る建物の荷重を支えるとともに、低・中・高層のエレベーターの乗り換え階にもなっている。

「ここは、まちでいえば街路ですねそぞろ歩きを楽しみながら、さてコーヒーでも飲もうか、それとも美術館を覗いてみようか、と楽しめる。地上80mのアウトリガーは3層になっていて〝各用途〞への動線が集まると同時に屋外庭園もあります」(原田氏)

日本一の超高層

低層階から上へ、およそ100mごとにセットバック(後退)していく独特の外観も、この建物の持ち味だ。だが、日本一の超高層にしてこの“偏り”安定性はどのように担保されているのだろう?実はそこでも、アウトリガーが一役買っていた。強固な構造体がセットバックと逆方向に突き出すことで、重心を補正しているのである。

奈良・興福寺に収蔵される、国宝の天燈鬼。大きな灯籠を左肩に担ぎ、体を逆方向にくの字に曲げて踏ん張るその姿は、“非対称”の極みながら、どっしりとした安定感にあふれる。あべのハルカスも、それと同じく「ダイナミックな力感に満ちた、“動的安定”」(原田氏)を実現していた。

ちなみに、あえてホテルの“建ち位置”をセンターからずらしたのは、単に外観のデザイン性を狙ってのことではない。原田氏は言う。「そうすることで、オフィスの真ん中に吹き抜けをつくることが可能になりました。通常は外部から遮蔽されたビルのセンターコアを、光や風の通り道にする逆転の発想です。アウトリガーのフロアもそうですが、この建物には、トラス構造をとおした優しい光がいろんなところから差し込んできます。超高層の中に、京町家のような、日本人の感性に合った空間が生まれました」

建造物にも“環境性能”が求められる時代だ。建築設備設計が専門の坂口佳史企画プロポーザル部門企画グループ長は、「高層複合ビルだからこそ実現できた省エネがある」と話す。

「例えば、百貨店は多くの照明を使いますし、中には多くの人がいるので、ほぼ一年中、冷房しています。当然、排熱が出る。普通はそれを大気に放出していますが、上にあるホテルの給湯に利用することができます。逆に、ホテルのシャワーの排水は、簡単な処理で百貨店のトイレ用に使えます」これはほんの一例。都市機能が“集密”することのメリットは、環境面でも小さくなかった。

“全体の前に部分”。前例のない設計に挑む

“全体の前に部分”。前例のない設計に挑む

とはいえ、規模といい機能といい、設計部にとって未知のプロジェクトだ坂口氏は「指名された時には、神社にお参りに行きました」と真顔で言う。「通常、ビルの機械類は屋上に設置されます。しかし、ここの屋上は展望台や庭園なので、大きな設備は置けません。かつ、まさに都市の規模ですから小さな変電所や下水処理場を併設するようなスケールのプロジェクトになる今持っているスキルを100%出しただけでは、ゴールにたどり着けない、プラスαの発想と努力が絶対に必要だと覚悟を決めました」

同じく、「話を聞いた時には、恐怖に近いものを感じた」と語るのは、4人の中では最年少、当時入社8年目でデザイン計画関連を担った米津正臣設計第6部門設計グループ課長だ。

「超高層ビルは、建物の骨格など、まず全体を固めてから細部のデザインに入っていくのが定石。ところが、あべのハルカスは、超高層である前に、多様な活動が集積した複合体でした。『どうやったらそれぞれの機能が一緒に存在することで、より活き活きするか』をベースに検討を重ねながら、全体を有機的に組み上げていきました。設計のプロセスが、全然違う。そこで考えたのは、建物のデザインが様々な関係者の合意形成のプラットフォームのようになって、議論を深め関係を豊かに醸成させていくようなあり方です。今から思うと合意形成のブロセスがそのまま建築になったようなプロジェクトだった、と僕は感じています」

また、平川氏は「途中で東北地方太平洋沖地震が発生し、建物の構造に対する社会の目は、一段とシビアなものになりました。そんな状況下で、日本一の超高層ビルを建てるというのは、今考えてもチャレンジャブルなものだったと思います」と振り返る。

「同時に、スケッチなどで思い描いていたものが実際にカタチになっていく“ライブ感”は最高でした。できた建物も、本来ダークなコアの部分に光が差し込み、構造自体が内からも外からも透けて見えるという、今までなかったもの。いろんな方を見学にお連れするのですが、自分でつくった空間を説明しながら、その魅力に感心している、というところもありますね」

阿倍野、そして大阪への思いを“超高層”に込めて

阿倍野、そして大阪への思いを“超高層”に込めて

これだけ長きにわたった大プロジェクトである。「これは!」というビンチに見舞われたことも、あったはず。「よく聞かれますが、ほとんど覚えてないですね。プロジェクトに携わるメンバーが力を合わせれば大抵のことは乗り越えられると信じることです」と原田氏は笑う。

「プロジェクトマネージャーとして留意したのは、様々な課題に対し臨機応変に対応するとともに、建物の理念、根幹にかかわる部分について、ブレないことです。そこがぐらつくと、周囲が慌ててしまいますから。チームのベクトルを合わせていくことが大切で、方向性と同時に、プロジェクトの勢いを止めないことがポイント。振り返ると7年間はあっという間でしたね」

“ベクトル”の中には、建物の名称にもなっている阿倍野・天王寺地区に対我々の夢でした。建物は、『建てばおしまい』ではありません。都市を具現する、深い思いもあった。「阿倍野は、大阪平野の背骨と言われる上町大地にあって、古い寺院や大阪城などが連なる歴史文化の中心地です。繁華街と人情味ある商店街、親密な住宅地が交わり、交通の要衝でもある。にもかかわらず、商業開発ではキタ、ミナミに比べ地盤沈下が指摘されてもいます。ここに超高層集密都市という新たな価値を構築し、ひいては大阪全体の活性化に貢献したい、というのが我々の夢でした。建物は、『建てばおしまい』ではありません。都市を具現化したランドマークが成長を繰り返すことで、必ずその役割を担っていってくれるだろう、と期待しています」

考えるべきことは際限なくある

最後に、それぞれの“これから”を語ってもらった。「構造にしろデザインにしろ、100年、200年残ることを見とおして設計しました。ただ、今まで設備の設計にそうした長いタイムレンジの発想があったかといえば、正直弱さがあったことに、今回気づかされました。設備に対する社会的な要請が将来どうなっていくのかという視点に立てば、考えるべきことは際限なくある。それを楽しみながら仕事をしていきたい、と考えています」(坂口氏)

「“立体都市”という話が出ましたけど、実際、17階の屋外庭園は、近所のお年寄りの散歩コースになっているそうです。建築には、大小にかかわらず何かしらそういう公共的な、“開いた”部分が必要だと思う。そのことを、今まで以上に認識しながら、デザインに取り組みたいですね」(米津氏)

「普通、構造は陰に隠れていることが多いですが、今回、見られる喜びに目覚めました(笑)。学生を現地に案内すると、みんな目を輝かせてくれます一見地味だけど、『この空間を生み出しているのは紛れもなく構造なんだ!』という気持ちを伝え、一人でも多くの若者にこの分野を目指してほしいです」(平川氏)

「今、郊外の駅前再開発ビルの再開発というテーマに取り組んでいます。今後も、都市と建築の両方に軸足を置いたプロジェクトにかかわっていきたいこの仕事をしていて一番わくわくするのは、誰も見たことがない景色をつくれることです。どんなにメディアが発達しようとも、建築の現場ではリアルな体験ができる。この楽しさを若い世代の人たちに伝えていくことも、僕らの仕事だと思っています」(原田氏)

PROFILE

株式会社竹中工務店
創立  1899年2月
代表者  宮下正裕
所在地  大阪府大阪市中央区本町4-1-13

http://www.takenaka.co.jp/

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ