アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > > オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン・リミテッド

建築家の思いを支え、常に新しい挑戦を志向。ニーズをはるかに上回る成果を導く仕事が喜び

建築家の思いを支え、常に新しい挑戦を志向。ニーズをはるかに上回る成果を導く仕事が喜び

オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン・リミテッド

独自の“技”で建築業界をリードする組織を紹介する本企画に、今回ご登場願うのは、アラップの4名のエンジニアたちだ。福岡県飯塚市に、とてもシンプルな外観の寺院の納骨堂が建てられたのは、2014年夏のこと。だがそこには、これからの建築に一石を投じるであろう、驚くべき技術が秘められていた。キーワードは“風”、そして“光”である。

特定の技術にとらわれず、最高品質を追求

アラップは、ロンドンに本社を置き、世界約40カ国に展開する、総合的な建設エンジニアリング・コンサルティング企業だ。東京にオフィスが設けられたのは1989年で、国内で構造デザイン、設備・環境エンジニアリング、プロジェクトマネジメント、ファサードエンジニアリングの4分野を軸にサービスを提供している。

ファサードエンジニア(アソシエイト)の佐々木仁氏は、「創業者のサー・オーヴ・アラップは、『会社のやるベきことは、質を追求して社会に貢献すること。そのために、特定の技術分野に限らない、トータルアーキテクチャーをつくりたい』と言っていたそうです。その言葉どおり、建築設計に関する様々な技術を揃え、ニーズがあれば世界のどこにでも飛んで行って、必要なパートナーと組んで仕事をする、というかたちで発展してきた会社なのです」と語る。

「ほかの事務所との違いを聞かれた時に、『技術力が優れています』というのは、必ずしも答えではないと思っています。あるエンジニアに言われたことがあるんですよ。『構造の人間が設備を語り、設備がデザインの話をする。それが“いい打ち合わせ”なのだ』と。個々が高い専門性を持ちながら、そこに壁などをつくらずに、あくまでも高品質のサービスを提供するために力を尽くす。それが、当社の大事なカルチャーなんですよ」

ゼネコンの設計部を経て2000年に同社に転職した

ゼネコンの設計部を経て2000年に同社に転職した構造エンジニア(アソシエイト)の笹谷真通氏は、入社当時の東京事務所の雰囲気を、「一人ひとりが高いモチベーションを持ち、ある種のライバル心を持って仕事をしていると感じました」と振り返る。

「社員は、まだ20人弱くらいで、大半が構造エンジニアという時代。そんななか、上司は業界でまだ4年しか経験のない私を“即戦力”として扱い、いろんなチャンスをくれました。会社自体も、徐々に設備関係などの機能を強化し、佐々木が言ったような組織力で勝負する陣容が整いました。ここまで、会社の歴史に重ね合わせて、自らも成長してこられたように思います」

環境設備エンジニアのリーダー、菅健太郎氏も組織事務所からの転入組。「アラップに来たのは、海外で仕事をすることへの憧れがあったからなんですよ。いつか、世界で自分の力を試してみたいと。実際、海外のプロジェクトにも参加し、いろんな経験を積むことができました」

「納骨堂プロジェクト」には、このほか大学院で“振動工学”を学んだ構造エンジニアの奥村祐介氏が加わった。「日本の免震技術は世界一です。やはり、それを国際的に発信できないかという思いがあって、グローバル展開するアラップを就職先に選びました。はっきり言って、免震という切り口だけでは、大手のゼネコンなどと差別化ができません。そこで、よりデザインに寄り添った提案というのが、当社では求められます。『免震のためにこうしなければ』が他社なら、『地震力が減れば、こんなデザインが可能ですよ』というスタンスで仕事をするのが、自分の使命だと考えています」

電気を使わず、明るく涼しい建物を――。その要望に応えた技術

電気を使わず、明るく涼しい建物を――。その要望に応えた技術

構造、設備、ファサードの専門家であるこの4人が集合し、かかわったのが、福岡県飯塚市の明圓寺というお寺の納骨堂建設プロジェクトだった。設計したのは福岡に活動の拠点を置く建築家の古森弘一氏である。

「今考えても、不思議な出会いでしたね」と笹谷氏は述懐する。12年に、福岡のNPOが主催するチャリティーオークションに、佐々木氏、笹谷氏らをはじめとするアラッブのメンバーが、「当社と無料でプロジェクトの相談ができます」という「相談券」を出品したのが事の始まり。それを落札したのが、古森氏だった。

その“無料相談”は仕事に結びつかなかったものの、メンバーの実力を認識した古森氏は、翌13年の6月、納骨堂のアイデアスケッチを携えて、再び佐々木氏らの元を訪れる。

建物自体は、延床面積300平方メートル程度の、小ぶりのもの。ただし、古森氏の要請は“普通”ではなかった。奥村氏は言う。

「古森さんは、以前にも納骨堂を設計したことがありました。そして気づいたそうです。納骨堂というのは、お盆の時期しか“開か”ない。暑さだけ解消すれば、空調は要らないのではないか。かつ、昼しか使わないのだから、自然採光があれば照明も必要ないはずだ――。要するに、電気を使わずに、涼しくて明るい室内を実現した建物を設計したい、というお話でした」

採光だけ考えるのなら、例えば窓をたくさんつくればいい。だがそれは真夏の熱も呼び込む。矛盾する“品質”を満たすべく、建築家も含めたブレーンストーミングが始まった。

「最初は、屋根に煙突のようなものを並べて光を入れたらどうかとか、とにかく試行錯誤の連続。それこそ、専門を飛び越えた議論を重ねているうちに、菅が『日射を遮って、間接光が床に届くようにすれば、明るくて暑くない空間ができないか』とアイデアを出してくれた。それを基に設計を詰めていった結果、一つのかたちになったのです」(佐々木氏)

出来上がった建物の壁面には、窓が一つとしてない

出来上がった建物の壁面には、窓が一つとしてない。大きなガラスのトップライトで明るさを確保するのだ。トップライト下には木の格子梁が積層されていて、積層することによってできた深い屋根裏こそが、「エネルギーゼロ」機能の心臓部となり、透明な屋根から入る直射日光をカットする。さらに、屋根裏の独特な構造は、屋根裏に溜まった熱を、常時開けられているガラリ(換気口)から四方八方に換気できるため、涼しさを呼ぶ換気設備の役割も担っている。

「全面トップライトで“照らす”というのは、実は恐ろしいことで、普通にやったら夏場の室内温度は軽く40度を超えてしまうでしょう。しかし、この納骨堂は、外気温32度の時に、室内は26度という環境を実現しました。1300ルクスという明るさも確保して“この世のものとは思えない”空間を達成したんですよ(笑)」(菅氏)

ちなみに、「試行錯誤の連続」とはいったが、古森氏を含め、設計のベースを固めるために行った会議は2回ほど。打ち合わせを開始した半年後の13年末には実施設計が終わり、14年8月には建物の竣工に漕ぎつけた。

笹谷氏は、「わざわざ福岡から上京する古森さんのことを考え、会議では100%以上のアウトプットを出さなければと思いました。だから白熱した話し合いができたし、みんなのアイデアをうまく積み重ねていくことができたのだと感じています」と言う。

また菅氏は、「古森さんからは、『かつて設計した納骨堂に、ランドセル姿の小学生が友達を連れてお参りに来ているのを見た。そんなふうに子供が気軽に立ち寄れるような、とにかく明るい空間にしたい』というリクエストがありました。そんな思いを絶対に実現するのだという気持ちを、みんなで共有できたのが大きかった。結果的には梁を積層させるという屋根裏の構造が鍵になりましたけど、今考えても誰のアイデアだったのか、よくわからない最初に佐々木が言った、トータルアーキテクチャーの力としか言いようがありません」と語ってくれた。

14年夏に初お目見えした納骨堂を訪れた人たちは、建物にそんな仕掛けが施されているなど、知る由もない。最も驚くのは、見学に訪れる建築関係のプロたちだそう。プロジェクトチームが、不可能を可能にした証である。

“特殊な建物”で培った技術を次につなげるために

“特殊な建物”で培った技術を次につなげるために

このプロジェクトについて、奥村氏はこう評する。「やはりアラップだからこそできたのではないかと感じています。まさに環境設備と構造と意匠が三位一体となって成し遂げたものでしたが、普通の組織設計事務所では、打ち合わせ段階で設備が構造に口を出すなどということは、たぶんないでしょう。でも、そうでなかったら、あの屋根の積層構造は生まれなかったと思うのです」

続けて佐々木氏は、「アラップにいても、今回のようにいろんなジャンルの仕事を一緒に受注できるケースは、実はそう多いわけではないんですね。でも、やれば楽しいし、アイデアも出る。今後も、ああいうプロジェクトを数多く構築していけるよう、工夫したいと考えています」と話す。

一方、笹谷氏は、「今回は、納骨堂というある意味、特殊な用途で技術開発に成功しました。ただ、今度はその技術を、もっと多様な分野をターゲットにどう発展させていくのか考えていかなければいけない。それが、僕らエンジニアに課せられたテーマだと認識しています」と語る。

「設計者は、入社1、2年目でいきなり職人さんなどと打ち合わせをし、場合によってはマネジメントする立場になります。こういう例って、他業界にはないでしょう。若いうちに社会的なチャンスをたくさんもらえるし、やりがいも大きい。そのぶん、厳しさもあるけれど、やる気さえあれば自分を確実にステップアップさせることができること、請け合いです」

PROFILE

オーヴ・アラップ・アンド・パートナーズ・ジャパン・リミテッド
設立  1989年5月
代表者  彦根茂
所在地  東京都渋谷区桜丘町24-4 東武富士ビル3階

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ