アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > 株式会社観光企画設計社 東京本社 設計本部

アジアをフィールドに活躍するホスピタリティ施設設計のプロ集団

アジアをフィールドに活躍するホスピタリティ施設設計のプロ集団

株式会社観光企画設計社 東京本社 設計本部

“三方よし”を哲学に多くのホテルを設計

ホテルオークラ東京の建築設計を指揮した柴田陽三氏による観光企画設計社の創業は、今から53年前のこと。以来同社は、シティホテル、リゾートホテルタイムシェアリングホテルなどあらゆるホテルジャンルの仕事を手がけてきた。

なかでも国際的ホテルチェーンとのかかわりは深く、国内海外ほぼ同数のトータル220件を超えるラグジュアリーホテル作品がある。日本人による海外ホテル設計の先駆といえる。

同社の特徴は第一にその事業形態にある。ホテルの企画、建築計画・設計、インテリアデザインの各部門を自社内に擁し、一つの大規模プロジェクトの設計を1社で担うことができる。

企画、コンサルタント、建築家、インテリアデザイナーなどそれぞれの業務範囲が異なるため、世界的に見てもそれらの業務は別会社が手がけるのが一般的。しかし、取締役常務執行役員の清野修平氏は「それは本当の意味でクライアント・インタレスト・ファースト(CIF)とは呼べない」と語る。

「私たちは一つ屋根の下で、全部門が喧々諤々議論して、クライアントが本当に欲しているものをスピーディに一つのパッケージとして提案できる。過去53年にわたる部門別設計ノウハウ世界のホテル運営会社の方々とのお付き合いがあり、ホテル全体をとらえて価値をクライアントに提案してきました。それこそが匠の技、組織としての職人技だと、私たちが誇りにしているポリシーです」

創業期から変わらぬフィロソフィーの一つに“三方よし”(買い手よし、売り手よし、世間よし)がある。すなわち、ホテル事業者、運営者、ゲストが満足できる設計を提案するということ。KKSgroupが守り続ける永遠の社訓である。

アジアへの進出をより加速させていく

ページ: 1 2

PROFILE

取締役常務執行役員  清野修平

取締役常務執行役員 清野修平
Shuhei Kino

1982年、武蔵工業大学工学部建築学科卒業後、株式会社観光企画設計社入社。

ラグジュアリーホテル設計のプロとして、国内外の大規模複合開発、大規模リゾート、

タイムシェアリングホテルなど、多くのホテルジャンルの計画・設計を担当。

主な受賞作品に旧喜瀬別邸(現リッツカールトン沖縄)など。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ