アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > 久米設計 設計本部 インテリア設計部

感動とホスピタリティを融合させた、最高の居心地を実現するデザイン

感動とホスピタリティを融合させた、最高の居心地を実現するデザイン

久米設計 設計本部 インテリア設計部

プロジェクトの初期段階から関与

同社にインテリア設計の部門が設けられたのは1960年のことだ。「大手設計事務所では、おそらく最も早かったはずです」と島村明良インテリア設計部統括部長は話す。
「まだ組織事務所がインテリアの重要性をそれほど認識していなかった時代でしょう。でも久米はこの時期に、建物単体だけでなく内装や家具など人の手に触れるものまですべて手がけていこうという方向性を、明確に定めたわけです」

以来、同部はホテルをはじめとするホスピタリティ産業に加え、商業施設や公共施設、オフィス、病院などへと徐々に守備範囲を広げてきた。2009年には海外事業の進展などもにらみ「インテリア設計部」に〝昇格〞、人員増も進めた。現在、16名だが建築設計部とタッグを組んで、設計に携わっている。建築物の種類ごとに「ざっくりとした役割分担」はあるが、必要に応じてチームに加わり目の前の案件に取り組む、柔軟な組織体制となっている。

部として〝独立〞しているとはいえ、建築本体や構造、設備の設計者と常に一体となってチームを組むのも「久米のインテリア設計」の特徴。ホテル、商業施設関連の仕事を束ねる中村嘉樹同部部長は、「通常のインテリア設計は、できたハコを渡されて、中をやってください、というパターン。でも久米は、基本的にそうした〝分業体制〞で仕事をしないのです」と語る。
「我々インテリア設計も、プロジェクトのマスタープランの段階から検討に加わらせてもらい、例えば駐車場計画はこうしよう、コテージタイプの旅館なら建物の配置計画はこれがいいのでは、といった議論から参加します。内装と外観や建築空間の一体感を確保するために、屋根の形状はこうしてくださいとか、こちらから建築の側に注文を出すことも、しばしばなんですよ」

同時に、「僕らは単なるデコレーターではありません。プランニングができて、建築も、構造、設備もわかる。そうであってこそ、人に見えるところ、人が触れる部分を最適なものにつくり上げることができ、組織事務所の久米設計のインテリア設計部だと考えています」と話す。

そうした仕事のやり方の根底を貫いているのは、「どうやったらその場に訪れた人が感動するストーリー性を演出できるか、いかにして中で働く人に機能的で楽しい空間を提供するか」という発想である。

ページ: 1 2

PROFILE

中村 嘉樹

中村 嘉樹

1984年、千葉大学大学院室内計画研究室修了。

鹿島建設株式会社、カジマデザインヨーロッパ、株式会社イリアなどを経て、

2009年、久米設計へ。

B C S 賞、JCDデザイン賞奨励賞、日本照明賞奨励賞。

共著に『インテリアデザインを知る―初めて学ぶインテリア』(鹿島出版会)。

株式会社久米設計

所在地/東京都江東区潮見2-1-22
TEL/03-5632-7811
http://www.kumesekkei.co.jp/
1932年、欧州で建築を学んだ久米権九郎が創設(久米建築事務所)。

その精神を受け継ぎ、「建築設計・監理」にとどまらず、

「各種マネジメント&ソリューション」「環境設備エンジニアリング」「構造エンジニアリング」を柱に、

事業のスタートから設計、施工後の運用まで一貫したサービスを展開している。

93年に現在地(東京都江東区潮見)に本社を移転。

2009年にベトナム、11年には中国に現地法人を設立し、アジアでの事業拡大にも注力している。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ