アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > > 株式会社大林組東千葉メディカルセンター工事事務所所長 田渕成明

知識、技術、経験、―― そして“段取り力”それらの総合力を、常に追求し続けてきた

知識、技術、経験、―― そして“段取り力”それらの総合力を、常に追求し続けてきた

株式会社大林組東千葉メディカルセンター工事事務所所長 田渕成明

自立式電波塔として“世界最高”の高さを誇る「東京スカイツリー」。日本の誇る建築・建設技術者を紹介する本連載1回目にご登場願ったのは、東京の新たな“シンボル”の建設を作業所長として支えた大林組の田渕成明氏である。同社入社以来、一貫して施工管理に携わり、大型物件を中心に二十数件の実績を重ねた田渕氏の人生と、プロフェッショナルの心意気を聞いた。

「大卒に負けじ」と1級建築士試験にチャレンジ

田渕氏の故郷は大阪府能勢町。「大阪といっても、東京なら奥多摩のような田舎」にある専業農家の次男として誕生した。野山を駆け回って遊ぶ少年時代、すでにその心には“建築家”への憧れが芽生えていたようだ。

「大工さんが家を建てているのを見るのが好きだったんですよ。時々、材木の切れ端をくれたりしてね。持って帰って、“積み木遊び”などに没頭しました。まあ勉強よりも工作が得意だったのは、確かですね(笑)」

家業は長男が継ぐのが当たり前の時代である。手に職を、と進んだ工業高校では、迷わず建築科を選んでいた。高校進学の年、1970年に地元で万国博覧会が開かれたのも、何かの縁だったのだろう。近未来的な意匠を凝らしたパビリオンの数々、壮大な「お祭り広場」を間近に見るにつけ、「将来は建設関連の仕事がしたい。それも図面を書いて出来上がりを待つ設計よりも、実際に現場で建物をつくり上げていく施工をやりたい」という夢は、徐々にリアルな目標になっていった。

目標の第1段階をクリアしたのは3年後

目標の第1段階をクリアしたのは3年後。高校卒業と同時に、大林組に就職するのだが、ここでも“時代背景”が田渕氏の背中を押す。

「同期入社は約500人で、大卒と高卒が半々くらい。でも直後に石油ショックが襲って、採用が100人程度に激減しただけでなく、高卒を採らなくなりました。少し遅く生まれていたら、どこかの小さな工務店に入って、今も木造建築をやっていたかもしれません」

1カ月の大阪本店での研修を終え、命じられたのは東京勤務だった。「東京には修学旅行で来ただけでしたから、右も左もわからず、ただ無我夢中ですよ。とにかく高校出たての分際で現場をやるのは、辛かった。作業員さんの中には、自分の父親や祖父の年代の人もいる。上司や先輩が言えば動くのに、私なんて相手にしてくれないわけです。よく、きつい言葉も投げかけられた。でもそれは、知識も経験も足りない新人に対する、彼らなりの“かわいがり方”だったんだと後になって納得しました。あの体験がなかったら現場とは自分の思いどおりスイスイ動くもの、と勘違いしたまま仕事を続けていたかもしれません」

貴重な経験を積む一方、入社してすぐに田渕氏が自らに課したテーマがあった。建築士資格の取得である。「現場で責任ある施工管理の仕事をしようと思ったら、資格が要る。言い方を変えれば、何かやりたいと考えた時に、資格がないからできない、という状況をつくりたくなかった。1級建築士になれば、大卒の人間とも対等に仕事ができるという思いもありました」

そんな強固な意志を支えに、入社4年目に2級建築士に、さらに実務4年後には難関の1級建築士試験に、ともに一発で合格している。

“突貫”を覚悟した東京スカイツリー

“大突貫”を覚悟した東京スカイツリー

都立東京武道館、品川インターシティ、サピアタワーなど、次々に大型の物件にかかわり、次第に“責任ある立場”として現場を仕切るようになっていた田渕氏だったが、新タワー建設工事の作業所長を拝命するとは、夢にも思わなかったという。「東京スカイツリーを大林組が受注したと新聞で知って、誰が所長を?と想像していましたが、私に話がきた時にはびっくりしました。正直、自分には荷が重いという気持ちと、技術屋としてチャレンジしてみたいという思いの両方がありました。まあ会社員として辞令にノーと言えなかったこともあります(笑)。そして最後は、こんなチャンスは二度とない、と自分を奮い立たせたのです」

とはいえ、それまでにかかわった超高層ビルでも、180mが最高だった。それでもものすごい風圧なのに、タワーはその3・5倍もの高さ」である。加えて、立地はすぐ脇を鉄道が走り、住宅や商店が密集する墨田区の下町。三角形に立ち上がり、徐々に丸みを帯びていく形状も特異なものだ。当然ながら、そうした難題をこなしつつ、約束の期日までに完成させなくてはならない――。「これは“大突貫”になる」と、田渕氏は気を引き締めた。

技術の粋を結集した東京スカイツリーの建設だったが、実は「新たに開発した工法などはない」のだという。634mという未知の高さは、すべて同社のそれまでの蓄積を応用し、組み上げられたものだったのである。

例えばリフトアップ工法。放送用アンテナを取り付けるための、タワー最上部の細い塔体をゲイン塔と呼ぶ。ゲイン棟は、中心部の空洞を利用して、地上で組み立てを行いワイヤーで上部に引き上げる。これなら、タワー本体の建設と同時並行で作業ができるため、大幅な工期短縮が可能。地上500mを超える危険な高さで細かな作業をしなくて済むというメリットもあった。

原価や工程、品質管理とともに、安全管理も施工管理者の重要な役割だ

原価や工程、品質管理とともに、安全管理も施工管理者の重要な役割だ。東京スカイツリーの建設現場では、血圧計とともにアルコール測定器を設置し、毎日作業員全員に測定を義務づけるという、徹底した健康管理も実践。「数値を職長に報告しろではなく、あくまでも自己管理。何百mもの高所で作業するのだから体調は常に万全に、という自覚を持ってもらうためです」

そうした意識づけもあって、およそ3年半の工事期間中、「救急車を呼ぶような大きな事故は一度もなかった」。ただし、大きなアクシデントには見舞われた。先ほどのゲイン塔が完成し、リフトアップも残り9mに迫っていたタイミングで、3.11東日本大震災が発生。震度5強の激しい揺れの最中、田渕氏は第1展望台の上、地上360m付近にいた。

「例え建設中であっても、鉄塔自体が地震で倒れるようなことはあり得ません。一番恐れたのは、作業員が振り落とされないか、タワークレーンで吊った荷が大きく振れて、彼らが巻き込まれたりしないか、ということでした」

その言葉どおり、タワーはびくともしなかった。その姿を見て、改めてニッポンの技術力の高さに感銘を受けた人は、少なくないはずだ。「震災以降、“日本の元気”のシンボル的存在になったと思います。その意味でも、無事に完成した時には『ほっとした』のひと言でしたね。ちなみに、開業してからは“1年目検査”に行っただけ。まだお客として遊びに行ったことはないんです(笑)」

図面から3次元の建物が浮かび上がる。それが理想

図面から3次元の建物が浮かび上がる。それが理想

田渕氏は現在、今年4月開院予定の東千葉メディカルセンター(千葉県東金市)建設工事の工事事務所所長の任にある。40年のキャリアにして、「病院の現場は初めて」だ。「改めて感じるのは、顧客のニーズをつかむことの大切さ。今回は医療機関として使いやすく、維持管理のしやすいことが至上命題です。一方、設計する側にも、ポリシーやそれなりのこだわりがある。そこをうまく調整しながら、限られた予算の中で、完成した時にみんなが喜んでくれるものにするのが、我々の仕事。ただつくればいい、ではなく、施工者として、いろいろな提案もさせていただいています」

田渕氏には忘れられない現場がある。入社20年目の93年、管理職となり、初めての超高層ビルの工事長を務めたキヤノン販売(当時)幕張ビル新築工事だ。当時、上司だった所長は社内でも有名な“うるさ方”だった。「お前に任せる。ただ任せる以上は、俺を納得させろ、と。提案を持っていっても、次々にボツ。『それは無理です』と言えば『いや、できる』。絶対に”答え”を教えてくれない。『お前、それでも技術者か』ともよく言われました。でも苦心惨憺してようやく納得してもらうと、今度は全面的にサポートしてくれました。要するに常に自ら考え抜き、汗を出し尽くして答えを持ってこいという教えだったのだと思います」

振り返れば「大きく成長できるきっかけになった現場」だと述懐する

振り返れば「大きく成長できるきっかけになった現場」だと述懐する。そんな田渕氏に、若きアーキテクトたちへのメッセージをもらった。「今はCADの時代。図面でも書類でも、見た目はきれいになりました。でも中には、首をかしげたくなるような“作品”も少なくありません。美しいイコール完璧だと錯覚してしまう。あえて言えば、施工計画図などはCADなど使わず、図面に直接鉛筆で記したほうが、早いし正確です。泥臭くてもいい、図面を見ただけで3次元CADのごとく、頭の中で立体的な形状を描けるくらいになってほしい。コンピュータに頼らず、自らの感性を磨いてもらいたいのです。そのためには知識と経験が必要。できるだけ多くの現場を見ることに勝る勉強はありません」

PROFILE

田渕 成明

田渕 成明
Shigeaki Tabuchi
1954年5月7日  大阪府能勢町生まれ
1973年3月  大阪市立都島工業高等学校建築科卒業
   4月  株式会社大林組入社
1976年12月  2級建築士取得
1982年2月  1級建築士取得
1989年3月  1級建築
 施工管理技士取得
2004年1月  監理技術者取得
株式会社大林組
創業  1892年1月
設立  1936年12月
代表者  白石 達
資本金  577億5200万円
本社所在地  東京都港区港南2-15-2

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ