アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > > 前田建設工業株式会社

建築にかかわる事業者は当然、発注者にも大きな実利をもたらす新たな建築設計ツール「BIM」。その普及と進化に注力し続ける

建築にかかわる事業者は当然、発注者にも大きな実利をもたらす新たな建築設計ツール「BIM」。その普及と進化に注力し続ける

前田建設工業株式会社

建築設計の現場に、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)が徐々に浸透しつつある。その新たな3次元モデルを駆使すれば、ともすれば不整合が発生することのある設計と施工の情報交換はスムーズに行えプロジェクト全体の推進もスムーズになる。ただし、“過渡期”である現在は、課題も多い。前田建設工業建築事業本部企画・開発設計部のBIM設計グルーブ長・綱川隆司氏らが標榜するのは、単に図面を3次元化するのではなく、あくまでも「それ自体が設計図書となるBIM」である。

他社が尻込みする困難なプロジェクトも果敢に対応

今年3月、福島県・大熊町に東京電力・福島給食センターが開所した。福島第一原子力発電所から約9km。そこで懸命に廃炉作業などに取り組む作業員向けに、1日3000食の温かい食事を供するのが目的だ。BIMを武器に、この施設の設計・施工を担ったのが、同社である。

ただし、“容易な案件”ではなかった。綱川氏は言う。「給食センターというのは、建物内部が細かなパズルのように区切られているうえに、厳しい衛生管理が求められます。加えて、震災時に給水・排水のインフラもダメージを受けているなどの特殊事情にも注意を払わなければなりませんでした。設計から完成まで約1年半でしたが、ゼロベースからの設計であれば通常は倍の期間が欲しいところでしょう。従来の2次元CADなどで設計していたら、とても越えられないハードルだったと思います」

綱川氏率いる意匠設計に、構造、設備の設計者を加えた総勢約30名からなるチーム

しかし、綱川氏率いる意匠設計に、構造、設備の設計者を加えた総勢約30名からなるチームは、本格的な作業を開始してからおよそ2カ月半という短期間で、地元保健所の了解を取り付け、建築確認申請に至る。その過程では、保健所の指摘を受けて、食材の動線などに関する大幅な設計変更が発生したものの、2日後にはそれを反映した図面を作成して提示する、などといった“芸当”も何度か披露したそうだ。

設計側の意図がストレートに伝わるBIMは、施工段階でもその効果をいかんなく発揮、建物は指定の工期どおりに竣工した。

発注者にとって「わかりやすく早い」メリット

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

綱川 隆司

綱川 隆司

1993年、早稲田大学理工学部建築学科卒業後、前田建設工業株式会社に入社。

2001年より、3次元CADによる建築設計に従事。

BIMを活用した仮想コンペ「Build Live(IAI日本主催)」に

チーム「スカンクワークス」として毎年参加し、

14年は最優秀賞・Building smart大賞を受賞。

住田町役場は、第18回木材活用コンクールで農林水産大臣賞受賞。一級建築士。

前田建設工業株式会社

設立

1919年1月

代表者

小原好一

所在地

東京都千代田区富士見2-10-2

http://www.maeda.co.jp/

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ