アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > 山下設計国際事業部

誠実かつワンストップの仕事が信条。40カ国以上での業務実績が信頼の証

誠実かつワンストップの仕事が信条。40カ国以上での業務実績が信頼の証

山下設計国際事業部

ODA案件を柱にいち早く海外へ

同社が初めて海外の案件を手がけたのは1977年。ODA(政府開発援助)によるバグダッド(イラク)の放送局建設だった。以来、インドや中国にも市場開放とほぼ同時に“進出”するなど、設計事務所の国際展開という点ではパイオニア的存在だ。津本正芳部長は「世界中どこにでも行きます。今まで会社として仕事をした国は40カ国以上、約140のプロジェクト数に上ります」と話す。

現在、同部に所属するのは16名で、大半が1級建築士などの資格を持つ技術者である。案件はODA関連が約半分で、病院や教育施設、最近は博物館の受注も多いという。大使館、大使公邸のほか、コンドミニアム、生産施設の設計、PFIアドバイザー、耐震診断、PM/CMなど設計外業務も多く手がける。「どこにでも行く」だけでもなく、「なんでもやる」ことも、同部のモットーだ。

日本の建築家が海外で仕事をする際

「日本の建築家が海外で仕事をする際、基本計画やコンセブトデザインなどの設計の前段階の部分をやって、後は現地に任せるのが多い。でもうちは、そもそもどんな建物がふさわしいのかというコンサルティングから、基本設計、実施設計、入札運営、工事監理まで、ワンストップで運営するのです。プロジェクトが始まると、調査・設計・発注段階までは複数のスタッフで、工事段階からは現地駐在が最低1名+国内担当という体制です」

特にODA案件で重要になるのが、コンサルティングだ。

「与えられた設計条件に則ってやるのではなく、“プロジェクトの目標を達成するために何をなすべきか”からクライアントと詰めていきます。その結果、施主に対して『その建物ではダメです』と言うこともあるし、建て替えではなく、使い続けるためのメンテナンスのアドバイスをしたりすることもあるのです」

日本の技術の押し付けではなく

ページ: 1 2

PROFILE

津本正芳

津本正芳
Tsumoto Tadayoshi

つもと・ただよし/

1991年、九州大学大学院建築学科修了後、山下設計に入社。

6年間、主に国内の設計業務に携わる。

その後は一貫して、国際事業部。

2011年、同部部長に就任。1級建築士。

タイ、インドネシア、南アフリカなどで長期滞在経験あり。

今も年間4割は海外出張をこなす。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ