アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > 株式会社日立建設設計

世界に誇る最高水準の建設・設計技術で、グローバル・プロジェクトに果敢に挑戦

世界に誇る最高水準の建設・設計技術で、グローバル・プロジェクトに果敢に挑戦

株式会社日立建設設計

企画から、一貫したサービスを提供

日立製作所のグループ会社として、今年創業50周年を迎える同社は、建築設計のほか、ファシリティマネジメント、エンジニアリング業務をコア事業としている。

「建築プロジェクトの企画・構想から設計、発注・契約、監理・引渡、保全まで、高い技術力に基づく一貫したサービスを提供できるのが、当社の大きな特徴の一つです」昨年3月まで設計部の部長を務め、現在は中国現地法人の日立建設設計諮詢(上海)有限公司で総経理に任ずる矢吹義典氏はそう説明する。

約290名の社員のうち、設計部門には160名ほどが在籍営業部門なども含めて、一級建築士の資格保有者は、140名ほどになる。日立グループ関連の仕事を多く手がけてきたこともあり、同社は生産、物流施設に圧倒的な実績を持ち、現在でも全体の6割はそうした案件が占める。「国内では、それ以外に、官公庁発注による学校などの案件も、比較的多い」そうだ。グループ会社の海外進出をサポートするかたちで切り開き、積み上げた海外での実績が、日系企業を中心に38以上の国と地域、229件に及ぶというグローバル展開も、同社ならでは。しかも、果たすべき役割は“設計の支援”にとどまらない。

真の“グローバル人財”を育成

ページ: 1 2

PROFILE

矢吹義典

矢吹義典
Yoshinori Yabuki

1980年、宮城県古川工業高等学校卒業後、株式会社日立建設設計入社。

入社以来、本社、ロンドン、横浜などを拠点としながら、一貫して

設計部にて設計業務に従事してきた。

2014年4月、日立建設設計諮詢(上海)有限公司の総経理に就任。一級建築士。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ