アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 新進気鋭 > 大野 力

場所の理解が大事な第一歩。顧客の与件を超える提案と、〝新しいモノサシ〞を提供

場所の理解が大事な第一歩。顧客の与件を超える提案と、〝新しいモノサシ〞を提供

大野 力

大学の授業よりも〝面白い点づくり〞

都市工学を学ぶために進学した大学の授業はあまり出席せず、大野力氏が夢中になったのはセルフビルドの店づくりだった。
「学外で知り合った仲間と音楽イベントを開催していて、結構動員力があったし、若くてバカだから『お店出しても人くるんちゃう?』と(笑)。金沢市の中心にある飲み屋街から少し外れた、さびれた場所にあるボロボロの長屋1軒を格安の家賃で借りて、お店をつくった」

「お酒を出して音楽を流すだけのお店」が当たった。多くの若者が訪れるようになると、それを目当てにした美容室や洋服店がオープン。人通りがまばらだった街の様相は一変した。
「大学では都市のモビリティを計画的に云々……と学んでいました。でも身近なところでこういった体験をすると、計画なしでも面白い点ができればそれをきっかけとして街が変わることがわかった」

同級生たちが行政やディベロッパー、建設コンサルに就職するなか〝面白い点づくり〞へとシフトチェンジした大野氏。大学卒業後に上京し、フリーランスの立場で数々の店づくりにかかわることになる。「最初から忙しく、恵まれたスタートだった」と大野氏は言う。
「当時の僕に特別な能力があったわけではなく、いろんな大人たちが可愛がってくれた、それだけだと思います。こっちを手伝えあっちを手伝えの繰り返しで、店舗やインテリア、住宅などを手がけるようになりました」

事務所設立は2004年。それ以前から継続する仕事を含め、すでに多忙を極めていた。それから今に至るまで、軸は〝面白い点づくり〞。劇的に変わったのは仕事の〝振れ幅〞だ。手がけているのは、住宅、オフィス、物販店、飲食店、大型商業施設、展示会、薬局、フィットネススタジオ、料理教室――大野氏本人が「事務所の特徴を語るのにいつも困ってしまう」ほどだ。

「一番規模の大きいものと小さいものを挙げます」と紹介してくれたのは、まずJR新宿駅新南口周辺の環境デザインだ。改札内外や商業施設エリアなど総面積は2万平米に及ぶ。一方では、わずか1日展示されるインスタレーションを手がけることも。規模も予算も、工期も施主もバラバラなのである。
「いい仕事をするたびに、それを評価してくれる人が現れる。新宿駅の案件にしても10年前の僕には声がかからなかったでしょう。でも今は、過去の僕の仕事を見聞きしていて『あいつを呼んでみようか』と判断してくれる誰かがいる。その連続で仕事が広がっていきました」

仕事の振れ幅が新しい発見を呼ぶ

ページ: 1 2

PROFILE

大野 力

大野 力

1976年、大阪府生まれ。

金沢大学工学部で都市工学を学び、卒業後にフリーランスを経て2004年に株式会社シナトを設立。

建築・インテリア・インスタレーションアートなど、

様々な規模・用途のプロジェクトを国内外で幅広くデザインし、

これまでに手がけた作品は約300に上る。

また、その多くが、世界各国で賞を受け、国際的な評価も高まっている。

11年より、京都造形芸術大学非常勤講師、15年より、日本工業大学非常勤講師。

一級建築士。

株式会社シナト 一級建築士事務所

所在地/東京都世田谷区弦巻3-12-5-101

TEL/03-6413-9081

http://www.sinato.jp/

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ