アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > > ARX+

協働のなか互いに認め合った6人の建築家が集結。一組織事務所には成し得ない多様性と創造性の実現を目指す

協働のなか互いに認め合った6人の建築家が集結。一組織事務所には成し得ない多様性と創造性の実現を目指す

ARX+

独自の〝技〞で建築業界をリードする組織を紹介する本企画に、今回ご登場願うのは、建築専門家集団「ARX+(アークス・プラス)」である。それぞれ個人事務所の〝主〞である6人が集まり、アトリエ事務所でも組織事務所でもない、おそらく本邦初の「キュレーション型アーキテクト」を結成したのは、2011年9月のことだ。30代から60代まで、各世代の頭脳を終結させた集団の見つめる先には、何があるのか。

「個人からチームへ」思いを共有した建築家が結集

「のっけから、誤解を恐れずにいえば、建築業界で一時代を創った巨匠と呼ばれる人たちが徐々に引退し、実際のものづくりの現場も、ある個人が独自のアイデアですべてを創造していくやり方では回らなくなってきています。つまり、建築家に求められる役割は、時代とともに変化した。にもかかわらず、相変わらずみんなが巨匠を目指していますよね。我々は、そうではなく、個々の特性を生かした〝チーム〞で建築に向き合ってみようじゃないか、という思いをベースに集まったのです」
松家克代表は、組織ができたいきさつを、そう語る。

とはいえ、彼らは決して〝思い〞だけで一つになったわけではない。現在も、それぞれが独立して建築事務所を営む6人の出会いは、たまたまある工務店の設計委託のメンバーに加わっていたことに、端を発する。そこには70〜80社の設計事務所が所属しており、お互いの仕事ぶりを〝観察〞することもできた。そうした環境のなかで、「この人はできる」「自分にないものを持っている」と、その実力を認め合ったプロ同士だからこそ、前例のない取り組みにチャレンジできたのである。

集団づくりの「言い出しっぺ」は高橋洋一郎氏で、当時50代後半だった増田兼泰氏に声をかけたところから、すべては始まった。声をかけられた増田氏は、「この5人はちょっとほかの人とは違う、とずっと思っていたんですよ」と振り返る。
同時に、「個々に依頼された案件に取り組みながら、みんな一人でやることの限界のようなものも感じていた」(松家代表)ことが、お互いを強く引き寄せることになった。

ところで、ARX+という集団の〝新しさ〞は、どこにあるのだろう。松家代表は、アトリエ事務所、組織事務所との比較で、それを説明する。
「前者は、ある建築家がいて、その人の思想がすべて。スタッフはそれをいかに実現するかに尽力する、絵に描いたようなトップダウン方式です。他方、社員が多くいる後者の組織形態はツリー型で、議論を重ねるうちに、えてして〝無難な〞方向にいきやすい。大規模建造物を多く手がけることもあり、建築というより建物を量産する傾向が強くなります」

前述のように、「それだけでは、時代が建築家に求めるニーズを十分に満たすことは難しい」というのが、集団の総意だ。
「我々は、6人が対等平等なネットワークをかたちづくるセミラチス(網目状構造)型の組織なのです。あくまでも建築を志向しつつ、誰かの独断ではなく、それぞれの知恵やスキルを総動員して、より高みを目指していく。そんなイメージでしょうか」
実際、「親子ほど年が離れた人もいますけど、ヒエラルキー(階層)のようなものは、一切ありません。今まで揉め事になったことも、一度もないんですよ」と、松家代表は笑う。

メンバーのスキルが〝等質〞ではないのも、面白いところだ。松家代表に、各人の個性を、ごく簡単に紹介してもらおう。
「様々な実務を任せるなら、葛原千春さんの右に出る人はいない。経験豊富で、デザイン的にちょっと突っ込むのが得意な高橋さん。増田さんも経験豊かで、非常に手堅く〝間違いのない〞ものをつくります。また小森有人さんは、若いだけあって時々、『おっ』という発想を見せてくれる。最年少の岡村航太さんは、何といっても他人にないユニークなアイデアが魅力ですね」
さらに自らについては、「ホンダやカルビーの本社など、企業系の建築を多く手がけてきたこともあり、どちらかといえば現実主義者だと思っています」との分析だ。
付言すれば、メンバー選びでは、スキルの違いだけでなく、あえて「年代差」にもこだわったのだという。
「ARX+には、30代から60代まで、各世代がまんべんなくいるんですよ。発想の仕方などは、やはり年代によって違いがあります。それが、お互いのとてもいい刺激になっていることは、間違いありません」

内部で競い論じ合い、そして協力する

内部で競い論じ合い、そして協力する

内部で競い論じ合い、そして協力する

ただし、「ヒエラルキーなき集団」を実際に動かすためには、当然のことながら、今までの組織にはなかったルール、運営のやり方が求められる。
「ある案件について、やりたいと思った人間が手を挙げ、内部コンペよろしくプランを出し合います。そのうえで、けっこう侃侃諤諤の議論を行うのですが、多数決などではなく、必ず話し合いで決めます。その過程で、決定案に他のメンバーのアイデアが盛り込まれることも、珍しくはありません」

続けて葛原氏は、「最初にプランを出す時には、お互いがちょっとライバル。案が出てからは、みんなが評論家になって、いいところ悪いところ、いろんな意見を出し合います。そうやってARX+としてのプランが固まりプロジェクトが動き出したら、法規とか設備とか構造だとか、それぞれの得意分野も生かして分業体制で助け合う。それが、基本的な仕事のやり方です」と説明してくれた。

実は、別々の「グループ内チーム」を組んで、プロポーザルに複数案を持って臨んだこともあるのだそう。「クライアントに、4つの案を提示したこともある」などというエピソードも、プロがネットワークを組んだ同集団ならではのものだろう。
「ある集合住宅の提案だったのですが、4つのプランのコンセプトがまるで違う。違うだけではなく、我々が見ても、どれも素晴らしいアイデアだったので、そのままお見せしたのです。そんな提案をする事務所はまずありませんから、クライアントも驚き、とても喜んでくれました。先ほど申し上げた年代差もあって、うちは本当にいろんなアイデアが出てくるんですよ。そのことに、我々自身が面白さを感じられると同時に、外から見ると、ARX+の大きな魅力になっているのではないでしょうか。ここにきて、それを実感できるようになりました」と松家代表は話す。

東京・世田谷の自由が丘、奥沢という2つの商住混在地域でのまちづくりプロジェクトへの関与を皮切りに活動を開始したARX+だが、「本格始動は1年前くらい」。住宅系を中心に、商業ビルやオフィスビルなどの設計にかかわるほか、100棟を超える大規模マンションの建て替えといったいくつかのプロジェクトも進行中だ。
「もちろん、プロポーザルも含めて、案件が受注できるように積極的に動いていますが、最近は噂を聞いて声をかけられるケースも増えてきました。個人的には、我々の活動は、スタートしてわずかな時間で、予想を超えて広がりを見せてくれた、と感じています」

若い世代魅力ある仕事を提供するために

若い世代魅力ある仕事を提供するために

若い世代魅力ある仕事を提供するために

チームの頭脳やスキルを結集すれば、今までにない多角的なアプローチが可能になる――。実は、専門家集団の立ち上げには、そのほかにもう一つ目的があった。
「正直言って、若い世代を中心に、建築に対する〝先細り感〞が否めません。それをチーム力で突破できたらいい、と考えているんですよ」と松家代表は力を込める。
「例えば、公共事業関連の設計に〝経験豊富な人〞という縛りがかけられたり、木造の小学校を手がけたくても、1000平米以上の木造建築の経験がないとコンペへの参加資格がなかったり、といった、彼らにとって身も蓋もない物理的な制限もあります。でも、うちには〝経験豊富な〞メンバーもいますし、多様な対応力があるから、どこかでフィルターに引っかかるんですね。そういうかたちで仕事を獲得したうえで、若いメンバーに力を発揮してもらう、というアプローチの仕方も、可能なわけです」

30代の小森氏は言う。
「若い世代に限ったことではないかもしれませんが、現実に仕事を取ろうと思ったら、個人でやりたくても不本意ながらどこかの事務所の一員になるとか、何か特別な人間関係があって、それを活用するとかでないと難しい。開かれているようで、狭い世界なんですね。そこをどうこじ開けていくのかという時に、今のようなかたちで組むというのは、一つの答えになるのではな
いかと感じています」

最後に、それぞれの思い、課題を、あらためて聞いてみた。

「狭い敷地の小規模な住宅であっても、プランを出し合うと本当にいろんなアイデアが出てきます。そこは、一人でやっていたり、普通の事務所にいたりしても経験できない醍醐味ですね。いろんなプロジェクトが本格的に動き出し、実施設計の段階に入ってきたら、組織としてまた新たに考えるべきことが出てくるでしょう。個人的には、それも楽しみです」(葛原氏)

「塊の中に個人が埋もれてしまう〝マス〞ではなく、組織の中でそれぞれが独立しているというのがARX+のすべてだ、と僕は思っています。あくまでも個人でありたい我々が、集団になったからこそ発揮できる力がある。その力を失いたくはないし、外に向かって大いにアピールしていきたいですね」(高橋氏)

「あえていえば、融合の仕方はまだまだいろんなかたちがあるのではないか、と感じています。今回は2人で一つのプランをつくってみようとか、建物をパーツで分けて設計してみるとか。そういった、この集団の持つ様々な可能性を深掘りしながら進んでいけたらいいな、と思います」(増田氏)

「集まって何かやってみようという試みは、ないわけではありません。でも、さっきも言ったように、実際に仕事に結びつけるのは、容易なことではないのです。その点、チーム力でちゃんと最終形まで持っていけるこの組織の存在は、本当に意味のあるものだと感じています。自らも、その中でまだまだ成長していきたい」(小森氏)

「先輩方といっしょに仕事をする今の環境は、非常にクリエイティブ。自分にとって、間違いなく重要な経験を積んでいる、と実感しています。大きな話をすれば、僕らのような〝中間的な〞組織がものづくりをして成果を上げることで、業界全体が何かに気づくきっかけになれたら、一番うれしいですね」(岡村氏)

「到達点が決まっているのではなく、常に変形しながら発展していけるのが、この集団の面白さ。6人という人数にも、特別な意味があるわけではありません。個人的には、これに女性の視点を加味したら、また新たな可能性が開けるかもしれない、とも思っているんですよ」(松家代表)

PROFILE

松家 克

1972年、武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後、椎名政夫建築設計事務所。

88年、ARX建築研究所を倉林憲夫、新井国義と共同創設。

武蔵野美術大学理事、武蔵野美術大学評議員、『ディテ-ル誌』(彰国社)編集委員。

増田 兼泰

1969年、芝浦工業大学建築学科卒業。

83年、ミサワホーム・セラミック設計部。

89年、スペリオホーム設計部長・商品開発部長。

98年、アークシリーズでグッドデザイン賞受賞。

2001年、増田兼泰一級建築士事務所設立。

高橋 洋一郎

1978年、武蔵野美術大学建築学科卒業。

80年、坂倉建築研究所。89年、箱根桜庵でBCS賞受賞。

90年、一級建築士事務所高橋計画設計アトリエ設立。

94~99年、多摩美術大学建築学科非常勤講師(建築設計演習)。

99~2011年、実践女子短期大学・大学非常勤講師(一般教養)

葛原 千春

1987年、中央工学校建築設計科卒業。

87年、アンカー(不動産開発会社)企画設計部。

93年、アーネストホーム(住宅設計施工会社)設計部。

2002年、クロノグラム アーキテクトスタジオ設立。

小森 有人

2000年、東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了。

1997~02年、FPA一級建築士事務所勤務。

06年、一級建築士事務所k.a.a.o設立。

99年、日本建築学会コンペ「住み続けられるまちの再生」支部入選。

02年、ユニオン造形デザイン賞「扉」佳作。

岡村 航太

2002年、東京工業大学理工学研究科建築学専攻修士課程修了。

04年、東京工業大学理工学研究科建築学専攻博士課程自主退学。

04年、吉村靖孝建築設計事務所。

05年、8d / ハッチョウボリ・デザイン・オフィス一級建築士事務所共同設立。

08年、日本建築学会作品選奨。

13年、8d一級建築士事務所に改称。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ