アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 建築家の肖像 > 團紀彦建築設計事務所

環境と人間が共生できる豊かな世界を。これからはトレンドではなく、しっかりとした思想を発展させていくことが需要である

環境と人間が共生できる豊かな世界を。これからはトレンドではなく、しっかりとした思想を発展させていくことが需要である

團紀彦建築設計事務所

「建築家には、すべての仕事において環境を考慮する責任がある」。建築とランドスケープの一体化や、“共生”を核にした都市論を提唱し続けている團紀彦は、建築家以上に、都市計画家、環境計画家としての面持ちが強い。近年では、台湾で完成させた地形共生型建築「日月潭風景管理処」で、外国人として初めて台湾建築賞首賞を獲得し、国内では、日本橋室町東地区の再生にマスターアーキテクトとして新手法を示すなど、その活躍が注目されている。團は、建築を学び始めた頃から「建築=作品づくりに執着しない」異色の存在だった。長じても、それは変わらない。團が情熱を注ぐ先は、個の建築物を超えた、環境と人間が共存できるような真に豊かな都市創造にある。

環境と人間が共生できる豊かな世界を。これからはトレンドではなく、しっかりとした思想を発展させていくことが需要である

行く道を模索し、「建築」と定めたのは大学生終盤を迎えた頃

父親は高名な作曲家・團伊玖磨氏。当然のように、團も幼少期より音楽教育を受ける環境にあったが、自身はそれを望まず、もっぱら海や野山で遊び回っていたそうだ。生まれた神奈川県葉山町は自然に恵まれ、磯の香りに包まれて育った團は、今も海を楽しむ。漁師さながら、大魚相手に銛を振るうというから、もの柔らかな印象に相違して、團はなかなか野性派なのである。

両親共に音楽家で、僕も立派な先生についてピアノを習っていましたが、どうにもイヤでした。通った小学校の校歌が父の作で、いい曲だったけど、どうしても「やつの親父がつくった」となるし、音楽の先生も違う目で見る。子供心に反発があったのかもしれません。小学3年の時に出たピアノ発表会でのこと。真面目にやっていなかった僕は、なんと途中で演奏をスポッと忘れ、謝りながら壇上を降りたのですが、この時に「これで解放された」と思ったのです。以降は親もあきらめたようで、僕は好きな海や山で、いろんな生き物に触れる日々を過ごしていました。

勉強のほうは、高学年になるまで「オール3」。僕は聞き取りが苦手で、人に教わって耳から入る情報と頭の中が結びつかない。自分で本を読み直したり、繰り返し書かないと体に入ってこないから、勉強の仕方がわからなかったんです。方法を模索し、やったことが成績に表れるようになったのは中学以降。それでも、進学校である湘南高校に入った時には、「こんなに勉強できる人がいっぱいいるのか」と驚いた。

一貫して好きだったのは理数系で、なかでも数学は、人間が創出した最も美しいクリエーションだと思いました。しかも時に、人間の予測とはまったく違う世界が現れる。それが魅力で、大学に進学する頃には、数学か物理の道へと考えていました。振り返れば中・高時代は石の彫刻なんかつくっていたし、理数系と造形、つまり建築に近いのだけれど、この頃はまだ、まったく頭にありませんでした。

「数学者になりたい」と、東京大学に進学。

「数学者になりたい」と、東京大学に進学。しかし、秀才ひしめくなか、定員数も少ない数学や物理学科への道は超難関だった。團は専門課程に進む際、進路変更して建築学科を選ぶ。だが、滑り出しはよくなかった。授業に馴染めず、成績も芳しくない時期が続き、しばらくは模索状態だったという。

建築か、宇宙工学か、なかなか決心がつかず……最終的に建築を選んだのは、社会にリンクする仕事をしたかったのが一つ。それと多くの人と同じく、僕も丹下健三さんの代々木体育館に感動したから。造型の素晴らしさに加え、公共的な建築ってすごいなぁって。

教養学部の頃、今はもうありませんが、僕は数学的かつ造型的である図学という学問がとても好きだったので、それが建築につながると勘違い。建築の授業では、フランク・ロイ・ライトやコルヒビュジエの図面を渡されて、パースペクティブを描くよう求められる。導入として、そんな授業が多かった時代です。別の脳を使う感じだったし、失望したというか、まったくズレたものしか描けない。提出物は無視されるし、集団で著名な建築物の見学に出向くのも肌に合わないし。自分に向いていないんじゃないかと迷った時期もありました。周りは皆「建築が好きだ」という顔をしていたけれど、それってウソだろうと思ったりね(笑)。

相変わらず海に潜ったり、テニスやったりと、先が定まらない日々を送っていたある日、古本屋でコルビュジエの作品集を目にしたんです。スケッチなのですが、そこには建物だけでなく動物や人々の営みまで描かれている。こういう建築家がいるのかと驚きでした。ずっと悩んできた建築は、どん詰まりの部屋ではなく、一種の窓のようなもの。そこからの世界の見え方は、建築家それぞれによって違うのだと教えてくれた。この時、何だか勇気が湧いてきたのを覚えています。

大学院、米国留学を通じて出会った恩師。根源的な学びを得る

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

團 紀彦

團 紀彦
Norihiko Dan

1956年2月11日

神奈川県葉山町生まれ

1978年3月

東京大学工学部建築学科卒業

1980年3月

東京大学大学院建築学修士課程修了

ARCH STUDIO設立

1984年6月

米国イェール大学大学院建築学部修了

1986年12月

團・青島建築設計事務所設立

1994年12月

團紀彦建築設計事務所に名称を変更

家族構成=妻・娘2人

 

主な受賞

1987年

第1回吉岡賞受賞/1987年度SDレビュー入選

1995年

1995年新日本建築家協会JIA新人賞受賞

1999年

1999年日本建築学会賞業績賞受賞

2003年

2002年度土木学会デザイン賞優秀賞受賞

2005年

2005年度日本建築仕上学会賞作品賞受賞

IOC/IAKS AWARD 2005, Silver

2008年

ARCASIA AWARDS 2007-2008ゴールドメダル

2011年

台湾建築賞受賞

2014年

台湾建築賞、日本都市計画学会「計画設計賞」受賞

ほか受賞多数

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ