アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

建築家とは、社会に対して利益の還元を総括的に行う職業である。社会を変えていくこともできるのだから、つくづく面白い職能だと思う

建築家とは、社会に対して利益の還元を総括的に行う職業である。社会を変えていくこともできるのだから、つくづく面白い職能だと思う

山下保博

時に、山下保博は「捉えどころのない建築家」と評される。彼がつくる建築は、素材や構造、構法を常に変化させ、形態のバリエーションも多様だからだ。加えて、震災復興支援、地域経済およびコミュニティの再生・活性化に奔走し、環境に負荷のかからない独自の素材開発にも尽力。新しい〝モノ〞と〝コト〞を同時進行的に表現し、世に問うている。様々な方向に手を広げ、足を伸ばし、冒険に挑み続ける山下の存在は、従前の建築家像とは大きく一線を画す。胸にあるのは、「建築家とは、社会に対して利益の還元を総括的に行う職業である」という、自ら打ち立てた道標だ。

建築家とは、社会に対して利益の還元を総括的に行う職業である。社会を変えていくこともできるのだから、つくづく面白い職能だと思う

文武両道に長けた少年。厳しさと愛情を受け、たくましく育つ

降り注ぐ太陽。透きとおるような海。豊かで奥深い自然をたたえる奄美大島(鹿児島県)、ここが山下の生まれ故郷である。「漁師になりたい」と思うほど海に馴染み、動植物に触れ、文字どおり〝懐のような自然〞に育まれた。

代々、集落の顔役を務めてきた家系で、小さいながら田畑や山、船を持つ環境にありました。親父は農業も漁業もやれる技量を持ち、公務員でもあったんですど、戦争体験があるから、とにかく厳格な人。僕ら子供たちが学校を休むなど、あり得ない話で、風邪をひこうが何しようが、絶対に行けと。だから皆勤賞ですよ、僕。「男たる者、グチを言うな。泣き言を言うな」が教育方針。厳しかったけれど、おかげで根性がついたというか、僕はどんなことにも勤勉に臨めるようになった。

一番感謝しているのは、子供の将来、自由を最大限尊重してくれたこと。「君たちが望む教育は最後まで受けさせる。山や畑を売ってでも学校は行かせるから」。親父は、いつもそう言っていました。僕は5人きょうだいですが、本土と比べて経済的に豊かではない奄美で、子供5人育てるのって大変なんですよ。それを両親は、全員を不自由なく、望む職業に就くまで面倒見てくれた。自分が親になると、その価値、ありがたさがよくわかるものです。

山下保博4

5人きょうだいの二男。公務員だった父はとても厳しかったが、子供たち全員にそれぞれが望む教育と愛情を注いでくれた

子供の頃から勉強もスポーツもできたほうで、高校は奄美で一番の大島高校に通っていました。もともとは文系で、絵を描くのも好きだったから、将来は芸術の道もあるかと。でもある時、同級生が描いた油絵を見た瞬間、「俺に絵描きの道はないな」と悟った。それまで僕は、写実的な絵で賞をもらったりしていたけれど、彼の抽象画はまさにアート。だって、山が緑色じゃなく赤だったんだから(笑)。

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8

PROFILE

山下保博

山下保博

 

1960年4月26日 鹿児島県奄美市生まれ
1986年3月 芝浦工業大学大学院工学研究科 建設工学修士課程修了
(その後、株式会社パノム、近藤春司建築事務所に勤務~1991年)
1991年7月 山下海建築研究所設
1995年7月 一級建築士事務所アトリエ・天工人に改称
1997年1月 「Project1000」活動開始(2004年に法人化、2010年に株式会社化)
2004年2月 有限会社N・C・S設立(2008年にNPO法人化)
 2013年7月 株式会社天工人west設立
              9月 一般社団法人地域素材利活用協会設立
2014年11月

2015年3月

株式会社天工人south設立

株式会社奄美設計集団設立 一般社団法人 シラス製造工業組合設立

主な受賞

2004年  「セル・ブリック」(ar+d award 2004国際新人賞/イギリス)
2008年  「チカニウマルコウブツ」(INTERNATIONAL ARCHITECTUREAWARD 2008/アメリカ)
2009年  「エチオピア・ミレニウム・パビリオン」(第16回空間デザインコンペティション金賞)
2013年  「バウンダリー・ハウス」「備蓄倉庫」「釜石市公民館及び復興公営住宅」(LEAF Awardsの3部門で最優秀賞受賞/イギリス)
2014年  「バウンダリー・ハウス」(日本建築家協会賞)
ほか受賞多数

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ