アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > > ARX+

協働のなか互いに認め合った6人の建築家が集結。一組織事務所には成し得ない多様性と創造性の実現を目指す

協働のなか互いに認め合った6人の建築家が集結。一組織事務所には成し得ない多様性と創造性の実現を目指す

ARX+

独自の〝技〞で建築業界をリードする組織を紹介する本企画に、今回ご登場願うのは、建築専門家集団「ARX+(アークス・プラス)」である。それぞれ個人事務所の〝主〞である6人が集まり、アトリエ事務所でも組織事務所でもない、おそらく本邦初の「キュレーション型アーキテクト」を結成したのは、2011年9月のことだ。30代から60代まで、各世代の頭脳を終結させた集団の見つめる先には、何があるのか。

ところで、ARX+という集団の〝新しさ〞は、どこにあるのだろう。松家代表は、アトリエ事務所、組織事務所との比較で、それを説明する。
「前者は、ある建築家がいて、その人の思想がすべて。スタッフはそれをいかに実現するかに尽力する、絵に描いたようなトップダウン方式です。他方、社員が多くいる後者の組織形態はツリー型で、議論を重ねるうちに、えてして〝無難な〞方向にいきやすい。大規模建造物を多く手がけることもあり、建築というより建物を量産する傾向が強くなります」

前述のように、「それだけでは、時代が建築家に求めるニーズを十分に満たすことは難しい」というのが、集団の総意だ。
「我々は、6人が対等平等なネットワークをかたちづくるセミラチス(網目状構造)型の組織なのです。あくまでも建築を志向しつつ、誰かの独断ではなく、それぞれの知恵やスキルを総動員して、より高みを目指していく。そんなイメージでしょうか」
実際、「親子ほど年が離れた人もいますけど、ヒエラルキー(階層)のようなものは、一切ありません。今まで揉め事になったことも、一度もないんですよ」と、松家代表は笑う。

メンバーのスキルが〝等質〞ではないのも、面白いところだ。松家代表に、各人の個性を、ごく簡単に紹介してもらおう。
「様々な実務を任せるなら、葛原千春さんの右に出る人はいない。経験豊富で、デザイン的にちょっと突っ込むのが得意な高橋さん。増田さんも経験豊かで、非常に手堅く〝間違いのない〞ものをつくります。また小森有人さんは、若いだけあって時々、『おっ』という発想を見せてくれる。最年少の岡村航太さんは、何といっても他人にないユニークなアイデアが魅力ですね」
さらに自らについては、「ホンダやカルビーの本社など、企業系の建築を多く手がけてきたこともあり、どちらかといえば現実主義者だと思っています」との分析だ。
付言すれば、メンバー選びでは、スキルの違いだけでなく、あえて「年代差」にもこだわったのだという。
「ARX+には、30代から60代まで、各世代がまんべんなくいるんですよ。発想の仕方などは、やはり年代によって違いがあります。それが、お互いのとてもいい刺激になっていることは、間違いありません」

内部で競い論じ合い、そして協力する

ページ: 1 2 3 4 5

PROFILE

松家 克

1972年、武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後、椎名政夫建築設計事務所。

88年、ARX建築研究所を倉林憲夫、新井国義と共同創設。

武蔵野美術大学理事、武蔵野美術大学評議員、『ディテ-ル誌』(彰国社)編集委員。

増田 兼泰

1969年、芝浦工業大学建築学科卒業。

83年、ミサワホーム・セラミック設計部。

89年、スペリオホーム設計部長・商品開発部長。

98年、アークシリーズでグッドデザイン賞受賞。

2001年、増田兼泰一級建築士事務所設立。

高橋 洋一郎

1978年、武蔵野美術大学建築学科卒業。

80年、坂倉建築研究所。89年、箱根桜庵でBCS賞受賞。

90年、一級建築士事務所高橋計画設計アトリエ設立。

94~99年、多摩美術大学建築学科非常勤講師(建築設計演習)。

99~2011年、実践女子短期大学・大学非常勤講師(一般教養)

葛原 千春

1987年、中央工学校建築設計科卒業。

87年、アンカー(不動産開発会社)企画設計部。

93年、アーネストホーム(住宅設計施工会社)設計部。

2002年、クロノグラム アーキテクトスタジオ設立。

小森 有人

2000年、東京理科大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程修了。

1997~02年、FPA一級建築士事務所勤務。

06年、一級建築士事務所k.a.a.o設立。

99年、日本建築学会コンペ「住み続けられるまちの再生」支部入選。

02年、ユニオン造形デザイン賞「扉」佳作。

岡村 航太

2002年、東京工業大学理工学研究科建築学専攻修士課程修了。

04年、東京工業大学理工学研究科建築学専攻博士課程自主退学。

04年、吉村靖孝建築設計事務所。

05年、8d / ハッチョウボリ・デザイン・オフィス一級建築士事務所共同設立。

08年、日本建築学会作品選奨。

13年、8d一級建築士事務所に改称。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ