アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > UDS株式会社

空間と仕組みの双方をデザインし、顧客満足の最大化を目指し続ける

空間と仕組みの双方をデザインし、顧客満足の最大化を目指し続ける

UDS株式会社

企画・設計・運営を一手に引き受ける

プロジェクトの企画、設計、運営という3つのフェーズを一気通貫して担う点が同社の特色。こうした事業形態の意図について取締役の中原典人氏は言う。「企画設計のフェーズで思い描いたかたちをエンドユーザーにまで確実に届けるためです。また運営まで担うことでユーザーの声を聞く機会が生まれ、地域にしっかり根ざしたプロジェクトになる。それでこそ空間価値の最大化が図れるのです」

象徴的な事例が「ホテルアンテルーム京都」「ホテルカンラ京都」だ。プロジェクトはクライアントの専修学校から「校舎や寮などをどう再活用すればいいか」と依頼を受けたことから始まった。観光地である京都という立地からホテルを提案。また競合と差別化するため運営には教育的要素を加味した。高級感溢れるデザインを学生にも体感してもらおうと修学旅行を積極的に受け入れたのだ。これにより安定的な収益も確保した。

現在手がけている案件は、ホテル、オフィス、商業施設が中心。約180名のスタッフの半数はホテルなどの運営に携わるアルバイトで、残る半数が社員として企画、設計などの業務に当たる。ただし企画、設計、運営の間にはあえて明確な線引きをしないという。

「縦割り組織から新しい発想は生まれません。企画設計の人間も運営を考える。運営の人間は現場で聞いたお客さまの声をフィードバックする。企画と設計と運営が一体となって議論することで、それぞれが刺激を受けるし、議論もより深まる」

通常、異なる立場の人間が議論に参加すると合意形成の難易度が高まる。しかし、同社の議論は常にスムーズ。設立後最初に注力した事業であるコーポラティブハウスでの経験が糧になっている。

「複数の入居者がまったく異なる間取りやデザインを希望する声をとりまとめ、合意形成に導きました。ですからスタッフはファシリテーションに慣れている。皆、議論に献身的でいつでも前向きです。たまにはケンカもしますが(笑)、皆の意見を吸い上げる機会があることが社内のモチベーションを高めることにもつながっています」

柔軟に幅広く思考し、顧客満足を追究する

ページ: 1 2

PROFILE

中原 典人

中原 典人
Norito Nakahara

なかはら・のりと/1991年、東京デザイン専門学校卒業後、

都市計画、まちづくりを主に行う設計事務所に勤務。

99年、UDS株式会社に入社。

外観から内装、家具などインテリアまで一気通貫した空間デザインを手がけ、

常に斬新な空間づくりを目指している。1級建築士。

CATEGORIES
すべて
new
uncategorized
注目の大学研究室
Special Report
ある建築家の新境地
BIM
ニュース
新境地
新進気鋭
建築家の肖像
事務所探訪
設計部最前線
クライアントの視点
登録企業と登録者の声

あなたにおすすめの記事

デザインは社会問題解決のための技術。<br />常にオンリーワンの仕事を追求し続ける

Aug 19th, 2016 - 設計部最前線

シマダアセットパートナーズ株式会社 建築...

デザインは社会問題解決のた...

アジアをフィールドに活躍するホスピタリティ施設設計のプロ集団

Oct 15th, 2015 - 設計部最前線

株式会社観光企画設計社 東京本社 設計本...

アジアをフィールドに活躍す...

11/25(土)13:30~ 設計者、デザイナー、建築コンサルタントのための転職説明会:株式会社日建設計

Sep 7th, 2017 - ニュース

株式会社クリーク・アンド・リバー社

11/25(土)13:30...

リノベーションの知見とデザインで、建築の未来に新たな価値を生み出す

Oct 15th, 2015 - 設計部最前線

株式会社リビタ 建築ディレクション部

リノベーションの知見とデザ...

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ