アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > 戸田建設 建築設計統轄部 計画設計部 医療施設系

“川上”“川下”との連携が強み。ニーズを探り、理想の病院設計を提案

“川上”“川下”との連携が強み。ニーズを探り、理想の病院設計を提案

戸田建設 建築設計統轄部 計画設計部 医療施設系

目指すのは〝働きやすさ〞

 早くから医療施設の建設に力を入れ、〝病院の戸田〞と称される実績を持つ同社の計画設計部には、医療施設専任のメンバーが13名いる。同部医療施設系グループ長の竹村和晃氏は「構造設計部、設備設計部にも、兼任も含めて病院担当の人間が5、6名ずついて、案件ごとにチームを組んで設計を行います」と設計の陣容について説明する。

自ら専任の設計者として26年のキャリアを持つ竹村氏によれば、「病院はほかの建物とは違う難しさ、あえていえば面倒くささがある」のだという。
「病床が500床ぐらいの規模だと、全体の部屋数は2000〜2500ほどにもなるんですよ。しかも病室以外に各種外来の診察室があり、検査室も血液検査の機器類が並ぶ部屋があれば、放射線を使う場合にはシールドが不可欠。そうした個々に求められる要件をクリアしつつ、一つの医療機関として最適な環境をつくるためには、それなりの知識と経験が必要なのです」

そんな病院の設計において同社が最も重視するのは、よくいわれる〝患者目線〞ではなく、〝スタッフの働きやすさ〞。
「患者さんの満足度は、建物などでは決まりません。求めているのは、お医者さんや看護師さんたちの親身で適切な対応です。それを実現するためには、何よりも働きやすい職場であることが大事なのです」

【次のページ】
「その日に結果の出る外来」を提案

ページ: 1 2

PROFILE

戸田建設株式会社

戸田建設株式会社

所在地/東京都中央区京橋1-7-1
TEL/03-3535-1354
http://www.toda.co.jp/
1881年(明治14年)、戸田利兵衛が戸田方と称し、請負業として創業。

1936年、株式会社戸田組に組織を改組。

63年、現在の戸田建設株式会社に商号変更し、69年に東京証券取引所第2部上場、

71年、同1部に指定替えとなった。

91年には当時の戸田守二社長が「同じ単価ならば日本一の品質を送り出す“品質日本一”」

への方針を打ち出す。

官公庁、教育文化施設、集合住宅、商業施設などの幅広い建築、

土木工事に携わるゼネコン準大手だが、特に病院、学校関連に強みを持っている。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ