アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > エアロファシリティー

「美しいデザインが安全につながる」。ヘリポート建設のプロフェッショナルたち

「美しいデザインが安全につながる」。ヘリポート建設のプロフェッショナルたち

エアロファシリティー

日本屈指の専門建設会社

ヘリポート建設のコンサル、デザイン、設計、施工管理までトータルプロデュースできる国内では唯一の存在――それがエアロファシリティーだ。代表取締役社長の木下幹巳氏は「基本的に競合は存在しません。安全性、機能性など様々な問題をクリアした、お客さまにとって最適なヘリポートの設計・施工は、国内では当社にしかできないという自負があります」と語る。

我が国では、2015年3月現在、43機のドクターヘリが配備されているが、今後も60機程度まで、毎年増えていくと思われる。その状況に伴い、多くの救急病院でヘリポートの設置が必要になってきているのだ。このように、ドクターヘリ及びヘリポートへの注目度は非常に高く、同社の昨期年商は、前年比で150%以上もアップ。成長の要因はほかにもある。ヘリポート建設分野でオンリーワンの技術を有していることだ。
「ヘリポートに関する特許を多数取得しています。また床材には、経年劣化が起こりやすくメンテナンスにコストがかかるコンクリートを避け、ライフサイクルコストの低いアルミデッキを推奨。20年後、30年後も安全なヘリポートであるためにはアルミデッキを採用したほうがメリットは大きいからです」

ヘリポート建設の発注元として最も多いのは、大手ゼネコンだ。総合病院の新築や建て替えプロジェクトで、ヘリポート部分を同社が任される。その流れで、全国各地の病院での設計・施工事例が増えていった。

もちろん病院や自治体などから直接依頼されるケースも。その場合は、コンサル部隊が現地に赴き、病院の施設課、救急担当ドクター、防災ヘリコプターの運航者、航空局などにヒアリング。同時に現地踏査を行い、複数のアイデアとスケジュール、工事費用概算を提示。受注後は、図面の作成から施工管理までを担当し、納品するというわけだ。

ページ: 1 2

PROFILE

木下 幹巳

木下 幹巳

1982年、九州大学工学部土木工学科卒業後、前田建設工業株式会社入社。

90年、大陽工業株式会社へ。

9 2年、同社取締役航空事業部長に就任。

97年、エアロファシリティー株式会社を設立し、代表取締役社長に就任した。

エアロファシリティー株式会社

所在地/東京都港区新橋4-9-1
新橋プラザビル15階
TEL/03-5402-6810
http://www.aero.co.jp/
1997年、日本初のヘリポート・格納庫設備専門の機材・設備商社として設立。

その後、ヘリポートのコンサルティング、設計、施工、

さらに現在はヘリコプター本体の輸出入や関連商品の開発なども手がけている。

アルミデッキ製ヘリポートのデザイン、設計、建設、施工管理までを

トータルにプロデュースできる企業は国内では唯一。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ