アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

9/2(土)~9/3(日)「BIM×ハッカソンVol.2」開催

9/2(土)~9/3(日)「BIM×ハッカソンVol.2」開催

9月2日(土)・3日(日)の2日間、国内外の建築分野で本格導入が進んでいるBIM(*)について第一線の建築家の作品を使用し、BIM建築の基礎から実地の技術を身に着けるイベント「BIM×ハッカソン(**) Vol.2」を開催いたします。

第2回目となる今回は、数々の受賞歴を持つ建築家 吉村靖孝氏がアドバイスを行うファシリテーターとして進行いたします。 1日目は、BIMのソフトウェア「Revit(レビット)」を基礎から学んでいただきます。2日目は吉村氏の建築「Window House」を基にBIM活用のレクチャーを受け、その後チームに分かれて課題を制作していただきます。最後にプレゼンテーションを行って各チームが競い合い、プロの視点から講評を受ける内容です。本イベントの参加者は、効率的でコスト削減につながるBIMの技術を、基礎から実地に結び付けていくやり方を学ぶことができます。

今回は、吉村氏の多くの作品の中からWindow Houseを題材にBIM演習を行います。
https://www.yasutakayoshimura.com/window-hous

【開催概要】
■日時
2017年9月2日(土)9:30~18:00
2017年9月3日(日)9:30~18:00
※どちらか一方だけの参加も可能ですが、 2 回目に参加される場合は、 Revit の基本操作が必須となります。

■スケジュール
9月2日(土)開場9:00 9:30~18:00 Revitハンズオンセミナー
9月3日(日)開場9:00 9:30~18:00 建築家の作品を題材にBIMモデリング

■登壇者
ファシリテーター:吉村靖孝氏

■登壇者プロフィール
1997年早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。
1999~2000 年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてM V RD V(オランダ)在籍。
2001年、SUPER-OS設立。
2005年、吉村靖孝建築設計事務所設立。
早稲田大学、東京大学、東京工業大学などで非常勤講師歴任後、
2013年から明治大学特任教授。一級建築士。

■参加対象者
建築のAutoCAD経験がある社会人・学生

■募集人数
社会人:20名 学生:20名
※応募者多数の場合は抽選となります。

■持ち物
特になし

■受講料・参加費
無料

■場所
学校法人 片柳学園 日本工学院専門学校蒲田校
http://www.neec.ac.jp/kamata/access/

■共催
学校法人片柳学園
■主催
ペーパレススタジオジャパン株式会社/株式会社クリーク・アンド・リバー社

応募ボタン

 

*BIM:ビルディング・インフォーメーション・モデリングの略。大手ゼネコンや設計事務所を中心に広がる新たな建築設計手法のひとつ。コンピューター上に作った3次元の建物のデジタルモデルに、コストや仕上げ、管理の情報などの属性データを付加した建築物のデータベースを、設計、施工から維持管理までのあらゆる工程で、情報活用を行うことができるようにしたワークフロー。2007年に米国連邦政府一般調達局(GSA)がBIMによる納品を求めたことをきっかけに広まり始め、世界の建築業界の主流手法になっている。

**ハッカソン(Hackathon):ハック(Hack)とマラソン(Marathon)を掛け合わせた造語。エンジニアやデザイナーなどがチームを作り、課題に対して、それぞれの技術やアイデアを活用して、短期間にサービスやシステム、作品などを開発し、成果を競うイベントの一種。

 

PROFILE


人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ