アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > > 株式会社水澤工務店 工事部 統括工事長

設計者、職人と堅固な信頼関係を構築しながら、〝粋〞な現代建築をかたちに。歴史と伝統を未来につなぐ

設計者、職人と堅固な信頼関係を構築しながら、〝粋〞な現代建築をかたちに。歴史と伝統を未来につなぐ

株式会社水澤工務店 工事部 統括工事長

日本の誇る建築・建設技術者を紹介する本連載の3回目にご登場願うのは、水澤工務店の統括工事長・木下進司氏だ。
木造の高級注文住宅で知られる同社にあって、個人住宅ばかりでなく、神社や茶室、飲食店、あるいはRC構造の大規模建造物まで、多種多様な建物の施工管理に携わってきた。
そんな木下氏の語る、「図面を現場でかたちにするものづくり」の極意とは━━。

設計者、職人と堅固な信頼関係を構築しながら、〝粋〞な現代建築をかたちに。歴史と伝統を未来につなぐ

徐々に「木」に引き寄せられた青春時代

小さな頃から美術や図画工作が得意で、漠然と「自分の住む家を設計してみたい」という思いを抱いていた木下氏は、高校卒業後、日本大学生産工学部建築学科を進学先に選び、夢の実現に向かって一歩を踏み出す。

「でも、是が非でも建築に行きたい、というほど強い気持ちがあったわけではないんですよ。たまたま通っていた高校に、指定校推薦の枠があった。受験しないで大学に入れるのは、やっぱり魅力でしたから(笑)」

入学後、かわいがってくれた先輩に誘われるまま、建築計画などを専門とする浅野平八教授が主宰する「木造り研究会」という学内の団体に入ったことが、木造建築との本格的な出合いだった。ただそれも、「木造や和風の世界に強く惹かれて、というよりも、建築学科に入学したのだから木の世界のことを知っておいて損はないだろう、くらいの軽い気持ち」が動機だったのだという。

「研究会では、面白い建物を見に行ったり、日本家屋の屋根を設計してコンペに出品したり、といった活動をやりました。そのうちに、木造建築というものに対して、少しずつですが、興味が湧いてきたのは確かですね」

結局、ゼミも浅野教授の元を選び、卒業研究では「日本家屋の外観を決定づける存在」という観点から、屋根をテーマに発表を行った。

就職活動に勤しんだのは、ちょうどバブル絶頂期の、学生にとっては「超のつく売り手市場」の頃。木下氏も大手ハウスメーカーなどから、複数の内定をもらったが、最終的には教授の勧めもあって、ゼミの卒業生が多くいる水澤工務店に就職した。

「配属されるのは、工事部と決まっていました。正直、設計者への憧れもありましたよ。でも、先生に『施工図も、原寸図も、現場もデザインなんだ』と説得されて。まあ、その時は何を言われているのか、まったくピンときていませんでしたけど」

大事なのはどれだけ「潤滑油」の役割を果たせるか

大事なのはどれだけ「潤滑油」の役割を果たせるか

大事なのはどれだけ「潤滑油」の役割を果たせるか

入社すると、社内研修もそこそこに、「体で覚えるように」と現場に配属された。初めての物件は、約1000坪の、会社の保養施設の新築工事だった。5人ほどで役割分担して現場を監督するのだが、新人の任される仕事の3分の2は、監督とは名ばかりの、掃除などの雑用である。

初めのうちは、先輩の後をついて回るのが精一杯で、夜は事務所に戻ってコンクリート打設量の確認といった事務的作業を行い、家に帰れば泥のように眠るだけ。ただ、そんな日々の中で、自らに課していることがあった。「とにかく、現場には誰よりも早く行って、掃除や整理をする。逆にいえば、当時の私には、そのくらいしかできることがありませんでしたからね。前の日、どれほど寝不足だったとしても、朝6時に起き、7時には仕事場に着けるようにしていました」

貴重な体験もした。
「8カ月くらい経った頃だったと思うのですが、前の晩に大雨が降ったので、翌朝いつもより早めに行って、建設中の建物の屋上に溜まった水をかき出していたんですよ。2番目に来たのが、60歳くらいの左官の親方でした。『一人でやってるのか?』と聞かれたので、『はい』と答えると、それまでペーペーの私に『あんちゃん』と声をかけていたその人が、次の日から『木下さん』と呼んでくれるようになったのです。ああ、こういう世界なんだ、とその時学ばせてもらいました」

右も左もわからぬまま、ひたすら目の前の仕事をやり続ける毎日を過ごし、やがて建物の足場が取れた日のことは、今も忘れられないという。

「一番感じたのは、平らな図面から、本当に三次元の建物が出来上がっていくんだ、という新鮮な驚き、喜びですね。多少辛いことがあってもここまで続けてこられたのは、あの時の感動あればこそだと思っています」

およそ15カ月で最初の〝実地訓練〞を終えると、次は個人住宅の建築現場を一人で任された。
「実際には、上司が裏で糸を操っているとはいえ、現場にいる〝責任者〞は自分一人です。前の物件に比べてはるかに小ぶりとはいえ、すべてに気を配らなくてはなりませんし、工程も短い。あれほど必死になった現場は、その後もありません(笑)」

完全常駐で現場監督を務めたのは、16〜17件。個人の住宅や別荘のほか、神社、蕎麦屋などの飲食店、会社の寮といった規模の大きな物件まで、様々な種類の建物にかかわったという点では、同社でも珍しい存在なのだという。

現場監督としての面白味という点では、実は木造よりも少し大きめのRC建築のほうが大きい

現場監督としての面白味という点では、実は木造よりも少し大きめのRC建築のほうが大きい

そんな木下氏は、「現場監督としての面白味という点では、実は木造よりも少し大きめのRC建築のほうが大きいんですよ」と話す。

「木造の現場は、大工さん、職人さん頼りなんですね。正直、ものづくりという面で、我々の出る幕は少ない。でもRCの場合は、どんなに詳細な設計図でもアウトライン程度で、監督の仕方によって出来栄えが大きく違ってきたりする。就職の時に教授に言われた『現場もデザイン』という世界を、実感できるわけです」

「しかし」と木下氏は続ける。「それはあくまでもオマケ。監督の第一の任務は、安全にクオリティの高い建物を、限られたコストの中でつくり上げるために、職人さんたちの働きやすい環境を実現すること。そのための潤滑油になり切れるかどうかが、大事なんですよ。下の人間にも、とにかく現場をきれいにしろ、そうすれば働く人たちにも『汚したらまずい』という意識が芽生える。ひいてはそれが、安全にもつながるんだ、という話をよくします」

現場に立ち続けて20年余り。監督業は「気づきから始まる選択の連続でもあった」と振り返る。
「どんな詳細図が描かれていても、三次元になってみると問題の生じることが珍しくありません。建物全体を見ている現場監督というのは、そうした点を、設計者よりも施主よりも、いち早く発見できる立場にあります。まず、そこに気づけるか、かつ気づいた時にどうするか。見なかったことにするのか、自ら改善を施すか、それとも作業をストップさせて他者の判断を仰ぐべき性格のものだと考えるのか。そこに、監督としての技量が問われるのです。いったん止めてしまうのは楽ですが、繰り返せば工期やコストに響きます。このジャッジは、ベテランになっても難しいし、逆にいえばそこが醍醐味でもありますね」

課された仕事には必ず意味があることを肝に銘じ

課された仕事には必ず意味があることを肝に銘じ

課せられた仕事には必ず意味があることを肝に銘じ

現在は、統括工事長として、同時に複数の現場を見る。「上司から、あれこれ細かなことを教えてもらった記憶は、ほとんどない」木下氏だが、後続の人材を育てる立場にもある。

「今でも時々、夕方現場に顔を出し、若いスタッフを連れて仕事場を回ります。そうしながら例えば『あそこに使われているのは何の木だ?』というような質問をしてみる。自分が経験した現場で使われた材料ぐらいは覚えて、今後の仕事に生かしてほしいですからね。そして、いつも強調しているのが、新人が言いつけられた掃除ひとつとっても、そこには必ず理由があるのだ、ということです。現場で何をするにしても、常にその意味を考え、把握しながら取り組む。これを心がけるか否かで、後々の仕事に大きく差が出ると思うのです」

実は「自分自身、何度も辛い思いをして、『この現場が終わったら会社を辞めようかな』と思ったことも、一度や二度ではない」そうだ。

「でも、途中で投げ出すのは悔しいし恥ずかしい。なにくそと頑張って建物が完成し、最後に検査官から『OKです。ご苦労さん』と言われると、いつも思わず目頭が熱くなって……。苦労した現場ほど、達成感も大きいんですね。その繰り返しで、ここまできたというのが、正直なところです」

そういった自らの経験も踏まえ、若手には「簡単にあきらめるな」とエールを送る。
「この業界に限らず、働いている人間は、何かしら辛いものを抱えているわけです。でも、それを乗り越えてこそ、成長できる。もし、『もう続かない』と思っている人がいたら、ものづくりの素晴らしさ、面白さを実感できるまで、まずは目の前の仕事にどっぷりと浸かってほしい、と言いたいですね。いろいろ判断するのは、それからでも遅くないじゃないですか」

PROFILE

木下 進司

木下 進司

1969年11月14日 神奈川県藤沢市生まれ
1992年3月    日本大学 生産工学部 建築工学科卒業
1992年4月    株式会社水澤工務店入社
2007年4月    工事長に就任
2011年4月    統括工事長に就任

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ