アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > > グローバルBIM

BIM活用の最大メリットは、施工現場の効率化にあり!日本型IPDの概念と仕組みを構築し、新たな境地へ挑む

BIM活用の最大メリットは、施工現場の効率化にあり!日本型IPDの概念と仕組みを構築し、新たな境地へ挑む

グローバルBIM

日本の建設業界では、設計も施工段階においても、まだ2Dの図面が幅を利かせる。そんななか、施工現場へのBIMの活用で世界トップレベルの実績を築くのが、グローバルBIM(GB社)である。例えば、施工計画を3Dで可視化する独自開発のBIMアドオンソフトウエア「smartCONPlanner」は、大手ゼネコンを含む他の建設会社でも導入が進んでいる。ただし、同社の〝BIM戦略〞は、「建物をつくり管理する」だけにとどまらない。視線の先にあるのは、社会インフラなどとのデータ連携をベースにした、スマートシティ構築への貢献だ。

施工を中心に据えた世界でも稀なBIM専業企業

同社は、2017年10月、鹿島建設とBIM専業の沖縄デジタルビジョンが経営統合して誕生した。デジタルビジョンの社長を務めていた吉田敬一郎事業本部長は、こう経緯を語る。

「私たちが県の誘致もあって沖縄にBIMセンターをつくったのは、2010年です。BIM技術者を現地採用して設計支援などの業務に携わるなか、13年に鹿島建設から業務提携の話がありました。『鹿島の案件を担当すれば、急速な技術の進歩が期待できる。BIM技術者にも地元の会社では経験できない仕事を提供できるのではないか』と考え、14年に従来のセンターに加えて、鹿島建設沖縄BIMセンターを立ち上げたわけです」

一方、鹿島建設でBIMの普及に取り組んでいた矢島和美・GB社副社長(鹿島建設建築管理本部本部次長)は、13年に初めて現地に視察に出向き、衝撃を受けたという。

「その当時、BIMといえば、まだ海外にアウトソース、というのが主流でした。日本語の話せるメンバーが何十人もいるBIMセンターなんて、誰にも発想できなかった(笑)。すぐに、一緒にやろうと思いました」

そうして設立された同社は、現在専従者約50名、鹿島建設との兼業者を含め約60名の体制。東京本社、名古屋営業所、沖縄事業所の国内拠点に加えて、ベトナム、韓国、フィリピン、インド、セルビアのパートナー企業などと連携し、世界規模のBIMモデリング体制を確立している。
「このようなBIM専業の会社は、日本では唯一、世界でも珍しい」(矢島氏)存在だ。

ところで、多くの場合、設計部門が旗を振って進めるBIMの導入を、同社は施工現場での活用をメインに位置付けて進め、そのことが同社の地歩を確固たるものにする要因ともなった。「私が施工部門の出身で、設計の進捗を待っていられなかったから」と矢島氏は笑うが、現場にBIMを導入すれば、施工図作成の省力化など目に見える効果は大きい。施工部門が主導するBIMならば、他社設計にも応用が可能になるというメリットもある。

その切り口から展開する同社の事業は、主に4つの柱からなる。
「プロジェクトにかかわる全員が、BIMの活用により最適な決定を下すことができるような協業形態の構築をサポートするIPD推進支援や、BIMの推進手法などのコンサルティングを行っています。さらに我々の最も注力しているのが、BIMプロジェクトを受託するモデリング業務。ただモデルをつくるだけではなく、それをどう活用すべきか、まで踏み込んでフォローするのが当社のやり方です。加えて当社では、同業他社に向けたオリジナルのBIMソフトウエアの販売も行っています」(大島努営業部長)

鹿島建設にとって、このGB社設立の効果は絶大で、同社の現場は、15年度から100%BIM適応になった。つれて経常利益も大きく伸びている。
「BIM化による施工現場での作業効率化、コスト削減に少なからず寄与しているのは、間違いないでしょう」と矢島氏は言う。

【次のページ】
業界の発展のため独自開発のソフトをあえて〝公開〞

ページ: 1 2 3

PROFILE

中野 隆(写真左上)

中野 隆(写真左上)

Takashi Nakano
1974年、東北大学大学院工学研究科建築学専攻修了後、鹿島建設に入社。
現在、グローバルBIM代表取締役社長。

矢島和美(写真右上)

Kazumi Yajima
1984年、日本大学理工学部海洋建築工学科卒業後、鹿島建設に入社。
現在、グローバルBIM取締役副社長。鹿島建設建築管理本部本部次長、(兼務)BIM推進室長

吉田敬一郎(写真左下)

Keiichiro Yoshida
1980年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、オリエント・リース(現オリックス)に入社。
2013年、沖縄デジタルビジョン設立。
現在、グローバルBIM事業本部長。

大島 努(写真右下)

Tsutomu Oshima
1996年、群馬県立前橋工業高等学校建築科卒業後、鹿島クレスに入社。
現在、グローバルBIM営業部営業部長。

株式会社グローバル BIM

設立/2017年4月5日
代表者/代表取締役社長 中野 隆
所在地/東京都港区元赤坂1-3-9 K-Frontビル9階
https://www.global-bim.com/

CATEGORIES
すべて
new
uncategorized
注目の大学研究室
Special Report
ある建築家の新境地
BIM
ニュース
新境地
新進気鋭
建築家の肖像
事務所探訪
設計部最前線
クライアントの視点
登録企業と登録者の声

あなたにおすすめの記事

独自にカスタマイズしたBIMの活用で、マンション居住者の幸福度をさらに向上

Nov 11th, 2016 - BIM

株式会社長谷工コーポレーション エンジニ...

独自にカスタマイズしたBI...

第1回 ビムノバ

Sep 7th, 2017 - BIM

~BIMオペレーターからどこに向かえばい...

第1回 ビムノバ

まずは2020年に、設計を完全BIM化!<br/>その先のDX革命のトップランナーに

Nov 22nd, 2019 - 設計部最前線

大和ハウス工業 技術本部 BIM推進部

まずは2020年に、設計を...

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ