アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > Special Report > 菜園長屋

登録建築家・吉村靖孝氏と協働し、旗竿敷地の最適な有効活用を提案。その解は“屋上菜園付きテラスハウス”

登録建築家・吉村靖孝氏と協働し、旗竿敷地の最適な有効活用を提案。その解は“屋上菜園付きテラスハウス”

菜園長屋

クリーク・アンド・リバー社(C&R社)の建築事業部は、建築士を支援する様々なサービスを展開しているが、そのなかの一つに、同社に登録した設計事務所、建築士などと建築プロジェクトの総合的なプロデュースを行い、双方の価値を最大限高める「3+(ミタス)プロジェクト」がある。このほど、その第4号案件として、東京都大田区に「菜園長屋」が誕生(クリエイティブレジデンスシリーズとしては第2案件)。地域の魅力を高めるべく、旗竿敷地を有効活用するとともに居住物件としての付加価値を上げる〝屋上菜園付きテラスハウス〞という画期的なコンセプトが話題を集めている。大都会にありながら野菜づくりを楽しみ、獲れたて野菜を味わえる稀有な物件だ。そこで、本物件の設計を担当した吉村靖孝建築設計事務所に、設計のポイントや成果について話を聞いた。

敷地面積の狭さを最大限カバーする

数々のアイデア設計の経緯やポイントについて、吉村氏は次のように説明する。

「旗竿敷地は、東京都建築安全条例により、賃貸住宅をつくる際、全戸が外通路に直接出られる長屋にする決まりがありました。とはいえ、施主の『長く住みたくなる魅力ある住宅にしたい』との要請に応えるためにも、コミュニティを形成する共用スペースが必須だと考えた結果、共用部には当たらない屋上に着目したのです」

屋上を活用して住人同士がコミュニケーションを楽しめる空間を設計し、本物件の付加価値要素とした。しかし、この段階ではまだ菜園のアイデアは生まれていない。住居部分のトリプレット形式は、1戸あたりの敷地面積の狭さから着想している。

「3階分の内階段を日々上下するのは、意外と負担になります。そこで、各階の踊り場部分にキッチンやクローゼット、洗面所などを設けることで、階段を上下する感覚をできるだけ軽減させようと考えました」

ちなみに、そのクローゼットは珍しい〝ウォークスルー〞形式だ。

「ウォークインのように囲うと、クローゼットとしてしか使えなくなるうえ、奥行きがなくなります。隠したい時だけ、カーテンレールをつけて囲うことができる。用途を限定せず、住む人の生活スタイルによって自在に使えるようにしたかったのです」

天井が高いとそれだけ階段を上下する距離が増える。そこで、天井はギリギリの高さに抑えつつ、階段の角度を微妙に調整した。また、部屋の両側の壁部分を隅々まで見とおせるようにし、部屋を広く見せる工夫も。さらに、同地が羽田空港や新幹線品川駅からほど近いため、〝民泊〞に供して収益可能性を高めるアイデアも盛り込んだ。

結果、吉村氏の〝至れり尽くせり〞のプランを施主は選択。しかし、その後に問題が生じた。吉村氏は当初、RC造を考えていたが、詳細の予算を詰めていくなかで、資材費の高騰などにより、予算がオーバーすることが判明。木造への変更を強いられることになる。

「強度の高いRC造と違い、木造の場合は構造面や防音、防火対策など一挙に制約が増えてしまいます。そこで再度頭をひねることになりました」

【次のページ】
木造による制約を逆手に、プラスの要素を打ち出す

ページ: 1 2 3

PROFILE

吉村靖孝

吉村靖孝

1997年、早稲田大学大学院理工学研究科修士課程修了。

99~200 0 年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてM V RD V(オランダ)在籍。

01年、SUPER-OS設立。

05年、吉村靖孝建築設計事務所設立。

早稲田大学、東京大学、東京工業大学などで非常勤講師歴任後、

13年から明治大学特任教授。一級建築士。

前田信彦

2009年、芝浦工業大学大学院工学研究科修士課程修了。

12年、ロンドン大学バートレット校修士課程修了。

同年より、吉村靖孝建築設計事務所勤務。

本記事で紹介した「菜園長屋」を吉村氏の下で担当。

一級建築士。

物件に関するお問合せ先:

クリーク・アンド・リバー社 建築事業部

TEL /0800-170-0091(フリーコール)

MAIL / info@arc-agency.jp

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ