アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > > 大成建設株式会社

都市に新たな生命を――。大手町の未来を変える、本格的な“森”が息づく、新たな都市再生プロジェクト

都市に新たな生命を――。大手町の未来を変える、本格的な“森”が息づく、新たな都市再生プロジェクト

大成建設株式会社

我が国屈指のオフィス街、東京・大手町に、突如「本物の森」が出現――。独自の〝技〞で建築業界をリードする組織を紹介する本企画に今回ご登場願うのは、スーパーゼネコンの一角、大成建設である。今年4月に竣工した「大手町タワー」の設計に携わった設計本部建築設計第二部の田口晃設計室長、設計本部専門技術部の山下剛史環境デザイン室長、それに施工の責任者を務めた佐々実大手町タワー作業所長に、計画から10年近くに及ぶビッグプロジェクトを振り返ってもらった。

行き交う人が快適な、「生まれ変わった大手町」をつくりたい

みずほ銀行大手町本部ビルと大手町フィナンシャルセンターという隣接するビルを解体し、跡地を再開発する計画がスタートしたのは、2005年のこと。その計画段階から設計の責任者として竣工まで見届けた田口氏が、当初大手町について持っていたイメージは、「そもそもどこからどこまでが大手町なのか? 地下から地上に出ても、ビルばかりで、ここはどこ?状態(笑)。また、オフィス街だから、土日はほとんど人がいない」というものだった。
「ただ、東京駅に近く、丸の内や有楽町に隣接する多くの人が行き交うエリア。その中心部を再開発し、超高層の建物を建てようとした時、何が大事か? 第一に考えたのは、そこにやってくる一般の人たちに、快適な気分を味わってもらいたいということでした」

この「一般の人たちに、というのが〝肝〞だった」と田口氏は続ける。「ビル事業ですから、当然できるだけ高容積の〝儲かる建物〞でなければなりません。半面、その合理性のみを追求していくと、とても味気ない施設になってしまうのが目に見えています。薄暗くて混雑する地下通路にオフィスビルが乗っているだけ、というのではなく、来た人みんなが快適な空間、〝生まれ変わった大手町〞をかたちにしたかった。それを具現化したのが、大きなガラスウォールからふんだんに自然光が差し込む『地下プラザ』や、敷地面積の3分の1を占める『大手町の森』だったわけです」

とはいえ、今までにない快適空間を実現しようとすれば、それだけ施工面でのハードルも高くなる。「地下プラザの大吹き抜け空間は、柱をワンスパン飛ばして、14mのスパンを確保することで実現しました。でも従来の柱だと、ビルの荷重に耐えられない。超高強度鋼材と超高強度コンクリートを組み合わせた世界最高クラスの強度の『超高強度CFT柱』を採用することで、その問題をクリアすることができました」と佐々氏は言う。

大成建設3

38階建のタワーは、縦横に刻まれたスリットが印象的

「地下鉄5路線の大手町駅に囲まれた敷地には、乗り換え通路があり、着工から竣工まで止めないことが条件でした。毎日5〜6万人もの人を通しながら、安全かつ工期を睨みつつ工事を進めるのには、けっこう神経を使いましたよ。しかも計画は地下6階という大深度です。35m以上掘るというプロジェクトは、丸の内や有楽町という周辺地域を含めても、そうはないはず」

クライアントに〝思い〞を語る。それも技術

大手町タワーの存在を強くアピールするシンボル的存在が、田口氏の話にも出てきた「大手町の森」である。基本設計から担当した山下氏は言う。
「大手町が競争力を持ったビジネス街としてさらに発展していくためには、先端的なオフィス機能を持つとともに、やはり快適に過ごせる場所であることが重要ではないのか。そうした議論を重ねるなかで、〝本物の森〞をつくろう、という構想がまとまっていきました。広さは約3600㎡で、芝生や木立を配した緑地ならば、これくらいのものは、そう珍しくはないかもしれません。でも、ここは〝緑の質〞が違う。一大オフィス街の真ん中というロケーションで、しかも自然をそのまま再現したとなると、ほかには例がないでしょう」

その言葉どおり、高層ビルに寄り添うように造られた森には、200本を超える高木が植えられ、地面は様々な地被植物が覆う。ちなみに緑地の中には遊歩道の類は一切設けられておらず、人は緑地には立ち入れない。落ち葉はそのまま肥料となっていく。森は癒し空間であると同時に、ヒートアイランド現象の緩和や、局地的豪雨に際しての都市型水害の抑制といった効果も期待されているのだ。

ユニークなのは、「プレフォレスト」と呼ぶ、これも本邦初の試みだ。「実は〝本物の森〞といっても、最初の頃はなかなかイメージが共有できなかったのです。相手は生きた植物だし、ある意味〝一品もの〞。ならばまずは論より証拠、実際にやってみようということで、千葉県の山林に実際の3分の1程度の〝モックアップ〞をつくりました。コンクリートの上に土を盛り、設計図どおりに起伏をつけた人工地盤を施工し、木を植えてみた。そうやって3年間、イメージの共有や必要な修正、さらには維持管理の実証などに取り組みました」

そこで使った植物や土壌は、そっくりそのまま現在の森に移設している。
田口氏は「前例のないことにチャレンジするのはいいけれど、『こんなはずじゃなかった』では許されません。最初はドキドキでしたが、プレフォレストによって、成功させられる確信が持てるようになりました」と話す。

ただ、そうはいっても都心の一等地。しかるべきスペースを〝利益を生まない空間〞に供することに対しては、様々な意見があったはずである。
その疑問に対する田口氏の答えは、「計画の最初の段階から、社内はもちろんクライアントと十分に議論を重ね、必要な説得も行って、〝ブレない〞思いをみんなで共有することができたのです」というものだった。
「最初に申し上げたように、我々が重視したのは、一般の人たちが快適に感じる空間づくりです。クライアントには、『その環境を、行き交う人が喜んでくれたなら、ビル事業自体も必ずうまくいくはずです』と訴えました。議論にはかなり時間もかけましたし、時には『そんなことができるのか』と侃侃諤諤の雰囲気にもなりましたけど、それを重ねるなかでお互いの信頼感も強まった。結局、『一緒に、ここにしかないもの、できないものをつくろう』という気持ちに引っ張られて、ゴールまで走り抜いたという感じがしています」

山下氏が補足する。
「私は、クライアントの『この森は、日本で初めての試みでしょ? だったら頑張ろうよ』というひと言が嬉しかった。プレフォレストにしても、地下の吹き抜けの空間にしても、 〝日本初〞に挑戦するプロジェクトだったことが、より一層、みんなの結束を強める方向に作用したのではないでしょうか」

田口氏は、「このプロジェクト成功の要因は、事業者さんと意思を一つにすることができたこと。それに尽きます」と重ねて強調する。
「かたちにするには、もちろん設計や施工の技術が要る。同時に、かたちに込められた〝思い〞を相手に伝えきることが大事だということを、今回のプロジェクトで改めて痛感しました。私はそれも一つの技術だと思うのです」

建物による新たな価値の創造を目指して

建物による新たな価値の創造を目指して

建物による新たな価値の創造を目指して

ゼネコンには、一般の設計事務所と違って、設計・施工の一貫体制を敷いているという特徴がある。「今回のプロジェクトでも、その強みがいかんなく発揮されました」と田口氏は言う。
「一般的に、設計と施工が別の場合、設計図ができて施工者の入札を実施する際、例えば施工上どんな提案があるのか、工期短縮の提案があるのか、といったことを彼らに聞くわけです。しかし、その内容を評価するのには、結構な時間が必要になります。我々がやる場合には、そうした〝手続き〞は不要で、これがベスト、という施工側の意向を初めから取り込んで、設計を行うことができるのです。今回に関していえば、工事が大変な地下部分、超高層特有の施工についても、初期段階で設計に反映することができました。大規模な案件になればなるほど、時間軸からみたメリットは大きくなりますね」

佐々氏も、「当社には、建設の様々な研究開発を担う技術センターがあり、常に連携を取ることができるのも強み。『超高強度CFT柱』にしても、早い段階から技術センターや本社技術部が本件に加わり、実現性の検証を行った結果、遅滞なく施工の現場で使うことができました。いくつもの〝日本初〞が実現できたのも、そうした組織の一体化があればこそ、ですよ」と語る。

ところで、同社の行動指針は「自由闊達」「価値創造」「伝統進化」である。
その作成にもかかわったという田口氏は、「価値は〝付ける〞のではなく、〝創って〞いくべきもの」だと話す。
「自らの仕事に引きつけていえば、言われるとおりに図面を描くだけなら我々は要りません。本件もそうでしたが、建築物に〝そこにしかない価値〞を見いだしていこう、というチャレンジ精神があって、初めて新しいものが生まれるのです。これからも『ここに建てるのならば、こうした価値を持つべきだ』という思いにこだわり、さらに研ぎ澄ましていきたいですね」

山下氏、佐々氏にも、今後の目標を聞いてみた。
山下氏は、「私はランドスケープを担当していますが、一つのプロジェクトが終わった瞬間から、『果たして50年後の批判に耐えられるものができただろうか?』という自問自答が始まるのです。完成した時には斬新でも、時間とともに古ぼけてしまっては意味がありません。今後も目の前の案件に真摯に向き合い、自分の問いかけに常に『イエス』と答えられる仕事をしていきたいと思っています」と決意を語る。

一方、佐々氏は、「次の世代を育てるのが、私に課せられた大事な任務」だと語ってくれた。
「今回も新しい試みあり、困難への挑戦あり。このプロセスをどう実現し、打開していったのかをきちんと次代に伝え、血肉にしていってもらわなければなりません。あえて付け加えると、大手町タワーのプロジェクトに携わった当社の作業所員約100名のうち、11名は女性。有能な女性が数多く現場で活躍できるよう、そのための環境づくりにも力を尽くしたいですね」

PROFILE

田口 晃

1990年、明治大学大学院修士課程修了後、大成建設入社。

同社設計本部建築設計第二部 設計室長。

一級建築士。

山下 剛史

1991年、大阪大学工学部建築工学科卒業後、大成建設入社。

同社設計本部専門技術部 環境デザイン室長。

一級建築士。登録ランドスケープアーキテクト。

佐々 実

1991年、早稲田大学理工学部建築学科卒業後、大成建築入社。

同社東京支店 大手町タワー作業所長。

一級建築士、一級建築施工管理技士。

大成建設株式会社

創業/1873年10月

設立/1917年12月

代表者/山内隆司

資本金/1124億4829万円

所在地/東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ