アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 新進気鋭 > 木下昌大

顧客の悩みと希望を聞き問題解決を共に目指す、“最適化建築”が信条

顧客の悩みと希望を聞き問題解決を共に目指す、“最適化建築”が信条

木下昌大

工業デザインから建築へと進路変更

夢は「自分がこの世を去ったあともかたちが残るものをつくること」。実をいうと、木下昌大氏が京都工芸繊維大学造形工学科に進学したのは、プロダクトデザインを学ぶためだった。「田舎育ちでしたから建築といったら大工さんのイメージ。そもそも建築家という職業もはっきりとは知りませんでした」

だが、入学1年目にして自分よりもデザインが数段うまい同級生がいくらでもいることに気がついてしまう。一方、建築系の課題には手応えがあった。「ストロー・ストラクチャーといって、ストローとテグスを使ってトラス構造をつくるという課題でした。自由に絵を描くのと違い、論理的、幾何学的に考えないと、思ったようなかたちになりません。僕にはこちらのほうが面白かったんです。先生からの講評でも『君は建築に進むんだよね?』と言われた。じゃあ、自分は建築が向いているんだな、と」

2年次からは建築コースを選択

2年次からは建築コースを選択。のちに岸和郎研究室に所属する。岸氏は、木下氏が触れた初めての著名建築家だ。「岸先生は、歴史系の研究室出身で、長い時間軸で建築を見てこられた方です。西洋から脈々と続く建築の歴史というものがあって、建築家がつくるものはその歴史のなかにプロットされていく。そういう先生の考え方は『自分がこの世を去ったあとも残るものを』という僕の夢にも近い。先生と出会ったことで建築家になりたい、とはっきり思うことができたのです」

木下氏が目指す建築スタイルの萌芽が、在学中に見られる。「自分は最終的なかたちにこだわるよりも、かたちが出来上がるまでのプロセスやルールづくりに興味がある。自分のアイデアに人の手が加わるのも楽しめるんです。逆に、最初からかたちを決めて、予定調和的に進めるのは面白くない。予定調和に至るには、様々な要件をノイズとして省かないといけないですよね。結果、生まれる作品はビュアで完成度が高い反面、すごく繊細。ノイズを飲み込みながら最適解を導き出したと思える、そんな作品のほうが強いし、長く残ると思いました」

独立とほぼ同時に大型施設設計を受注

ページ: 1 2

PROFILE

木下昌大
Masahiro Kinoshita

1978年、滋賀県生まれ。

2001年、京都工芸繊維大学工芸学部造形工学科卒、同大学大学院修士課程修了後の

03年、シーラカンスアンドアソシエイツ入社。

小泉アトリエを経て07年、KINOarchitects設立。

11年、アルカシア建築賞金賞、12年、グッドデザイン賞、13年、IOC/IAKSaward2013銅賞、

14年、日本建築学会作品選集新人賞ほか受賞多数。京都工芸繊維大学助教。一級建築士。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ