アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > スペース東京事業本部商環境研究所

「大規模商業施設の創造=まちづくり」生活者の未来へ向けた新たな価値をデザイン

「大規模商業施設の創造=まちづくり」生活者の未来へ向けた新たな価値をデザイン

スペース東京事業本部商環境研究所

モノが売れない時代価値ある商空間とは

株式会社スペースは、ショッピングセンター(SC)、量販店、専門店のほか、ビジネスおよび公共空間などの調査から企画、デザイン、設計、施工などのサービスを総合的に提供する“商空間創造企業”である。

同社は、担当者が“打ち合わせ”から“引き渡し”までの全業務フローを把握する独自の組織体系でも知られるが、ここ商環境研究所は、主に企画・設計 デザインに特化した部門だ。特に、SCや駅型商業施設などの大型プロジェクト、新規事業領域の開拓を得意としている。

「それこそ更地の状態からマスタープランを立案、平面計画、環境デザインもセットでデベロッバーに提案します」とは、所長の森田昭一氏。

「一連の業務を把握する担当者を、当社では“営業”と呼び、彼らは半年ほどの短期プロジェ クトを多数推進します。一方、研究所が担当するのは、中長期かつ大型のプロジェクト。世の中の動きを見ながら、最適な提案をしていきます」

彼らが目指すのは商業施設に よる新たな価値創造だ

彼らが目指すのは商業施設に よる新たな価値創造だ。モノが 売れない時代に、店舗は何を表 現すべきか。この問いに対する答えを、実績として積み重ねている。“まちづくり”はその一例だ。横浜駅東口地下街ポルタは商業施設でありながら、横浜のランドマーク的存在である。このリニューアル案件を、コンペを経て受注。勝因は“横浜らしさ”の打ち出しだった。

ポルタはイタリア語で扉、門を意味します。リニューアル前の施設にもイタリアっぽさがありました。競合他社は、その延長線にある提案をした。でも私たちは“まちの顔”ともいえるこの場所に、横浜らしさを取り 戻そうと考えました。ポルタのエントランスに、横浜の歴史的建造物である“横浜三塔”を模したモニュメントを置いたのもそのためです。商業施設設計の仕事は、“箱”をつくるだけでは終わりません。お店がより繁盛する、まちの雰囲気が変わる――そこに面白さがあるのです」

思いに裏打ちされたアイデアで勝負

ページ: 1 2

PROFILE

執行役員商環境研究所所長  森田昭一

執行役員商環境研究所所長 森田昭一
Shoichi Morita

もりた・しょういち/大手内装企業で10年間の業務実績を積み、

2000年9月、株式会社スペース入社。

専門店、大型SCなどの、マスタープラン作成、環境デザイン、設計業務などに携わる。

一級建築士。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ