アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > 日本土地建物 設計・技術部

都市・社会の未来に、新しい価値を創出していく

都市・社会の未来に、新しい価値を創出していく

日本土地建物 設計・技術部

まちづくりを手がける設計部

日本土地建物は都市開発事業を中核とし、様々な事業を手がける総合不動産企業である。社内に設計・技術部を擁しているのが特徴の一つだが、ディベロッパーの設計部隊ゆえに、建物単体の設計から監理までを行うだけではなく、まちづくりそのものにも関与。さらに、事業主として他社設計のプロジェクトの品質管理を行う際には、技術グループがその任を担う。

設計・技術部の強みを、担当部長であり設計担当の伊藤秀明氏は「都市開発事業の企画段階から参画し、まちづくりと建築のかかわり方を考え、その場所の〝最適解〞をかたちにすることが我々の役割。そこにどんな建物があれば、まちが、ひいては都市が活性化するかを都市開発部やCREコンサルティング部など関連部署とコラボレーションし、実現することには自信があります」と語る。

都市を開発するというスケールの大きな事業は同時に、仕事の醍醐味にもつながっている。
「徐々にまちの姿が変わっていくのはとてもダイナミックで、ものづくりに携わっている人間としてやりがいを感じます。もちろん我々は都市全体をつくっているわけではないですが、その構成要素である一つひとつの建物を丁寧につくることによって、まちの未来が見えてくる点も面白いですね」

ページ: 1 2

PROFILE

伊藤 秀明

伊藤 秀明

1981年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。

83年、東京工業大学大学院社会開発工学科修了。

同年、清水建設株式会社に入社。

2010年に退社するまで、一貫して設計の業務に従事。

上海、ロンドン、プラハの海外駐在も経験。

10年10月、日本土地建物株式会社に入社。

一級建築士。

日本土地建物株式会社

所在地/東京都千代田区霞が関1-4-1
TEL/03-3501-6182
http://www.nittochi.co.jp/
1954年設立。以来、オフィスビルを中心とした都市開発事業、

CRE戦略支援を柱とした不動産ソリューション事業、戸建・マンションを軸とした住宅事業、

私募リートの運用を開始した資産運用事業などを展開している。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ