アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

建築にはまだまだできることがある。 時代の進化を見据え、新たな挑戦を――

建築にはまだまだできることがある。 時代の進化を見据え、新たな挑戦を――

澤田秀雄

真夏に窓を全開にしても涼しい家

「テーマパークを経営している人間がなぜこんなものを造ろうとしたか、不思議でしょ。我々は、将来ハウステンボスを世界に開かれた観光ビジネス都市にしようと考えています。未来の街である以上、“スマートシティ”でなければならない。その実現に向けた第一歩なのです」

澤田秀雄氏のいう“こんなもの”とは、2013年春、同テーマパークの一角に完成した「ハウステンボス・スマートハウス」のことである。

平屋建て、延べ床面積83.5m²の家の電力はほとんどすべてを太陽光発電などの自然エネルギーで賄い、給湯も太陽熱を利用する。加えて、屋根や壁面に特殊な断熱塗料を使用することで、冷房に関していえば約3割もの省エネを実現した。

「自然エネルギーの活用に知恵を絞るのは大事なことです。しかし一方で、いかにエネルギー消費量を抑えていくのかを真剣に考えなければ。それも我々に与えられた課題でした」

「省エネだから快適性は我慢しろ、というのではダメだ」と澤田氏は強調する

とはいえ、「省エネだから快適性は我慢しろ、というのではダメだ」と澤田氏は強調する。その意をくんで導入されたシステムの一つが、輻射冷暖房だ。温度調整を行う輻射バネルは、外径20mm×50mmの鉄パイプを束ねた構造で、パイプの内部を冷温水が循環する。エアコンのような気流は発生せず、冷暖房のムラもない。パネル自体が建物の構造体(壁)になっているのも、ユニークな点だ。だからスマートハウスには柱がない。

「東大生産技術研究所の川添善行専任講師が中心になって開発したものですが、やはり建築にかかわっていなければ出てこない発想だと感じました。昨年夏、自ら実験台になって宿泊したんですよ。輻射による“自然な冷房”には感動を覚えました。壁全体が冷やしてくれるので、真夏だというのに窓を開け放っても室温はさほど上がらず、風が実に心地いいのです」

“総合芸術”の成否は建築にあり

ページ: 1 2 3

PROFILE

澤田 秀雄
Hideo Sawada
ハウステンボス株式会社 代表取締役社長
株式会社エイチ・アイ・エス 代表取締役会長
澤田ホールディングス株式会社 代表取締役社長

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ