アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

MAGAZINE TOP > 設計部最前線 > ブルースタジオ

時代は、“つくる”から“使いこなす”へ。付加価値を最大化するリノベーション

時代は、“つくる”から“使いこなす”へ。付加価値を最大化するリノベーション

ブルースタジオ

モノ・コト・ジカン。3つをデザインする

同社が主に手がけているのは、古くなった建物に付加価値を与え再生させる、リノベーション。これまで、多くの物件に新たな命を吹き込んできた。その数は、個人住宅400軒、賃貸住宅1000戸を超える。加えて、商業施設の設計、まちづくりなどの依頼も多く引き受けている。

2000年代初頭、不良債権処理が社会的課題になっていた。「不動産の証券化が始まり、土地だけでなく、建物の価値が評価される時代が来た。僕が温めていた構想を試すための条件が整ったわけです」と、専務取締役の大島芳彦氏は語る。

「〝衣・食・住〞のうち、〝衣〞と〝食〞は付加価値で価格が上がるけど、〝住〞=建物の評価は、時間とともに下がる一方。理由は明確で、〝住〞の価値は、あくまでも土地。不動産屋から見ると〝商品価値〞、金融会社からは〝担保価値〞。部屋や建物を実際に使う人の〝生活価値〞がずっと無視されてきたのです」

同社は、「建築設計(=モノ)」「広告(=コト)」「不動産(=ジカン)」の一貫したサービスを提供している。広告・デザイン業界出身の代表取締役社長・大地山博氏と、建築設計・不動産のバックグラウンドを持つ大島氏のスキルを融合し、独自のビジネスモデルを構築した。
「僕たちの仕事は、モノ・コトを〝つくる〞だけでなく〝使いこなす〞。つまり入居者に活用してもらい、ジカンの価値を持続させるまでと考えています」

初めて着手したのは、1968年築、2DKの賃貸マンション。空室が続き、賃料が下がる、まさに〝住〞の苦悩に直面していた物件だ。大島氏はまず、ターゲットニーズと間取りがアンバランスなことに気づく。
「東中野は都心に近く、忙しく働く人が住むエリア。ならば、この間取りは適切でない」と考え、「30代・働き盛り」を想定。1LDKの部屋にリノベーションした。また、独自の宣伝材料をつくり、賃料を新築レベルにアップ。すぐに入居が決まった。
「リノベーションとは何か、を示すよいモデルになりました。とはいえ、その後も仕事がない時期が続いた。それでも、〝世の中に必要なビジネス〞だと信じて続けてきたのです」

物件に〝物語〞を描くプロ集団に新風を

ページ: 1 2

PROFILE

大島 芳彦

大島 芳彦

1993年、武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業後、

The Bartlett UniversityCollage London(英国)、

Southern California Instituteof Architecture(米国)に学ぶ。

石本建築事務所を経て、

2000年に株式会社ブルースタジオに参画し、専務取締役に就任した。

株式会社 ブルースタジオ

所在地/東京都中野区東中野1-55-4 大島ビル第2別館
TEL/03-5332-9920
http://www.bluestudio.jp
1998年、デザイン会社として設立。

2000年からリノベーション事業を始動。個人宅から商業施設まで幅広く手がけ、定評を得る。

広告やデザインの分野に身を置く代表・大地山博氏と、

建築設計や不動産のバックグラウンドを持つ専務・大島芳彦氏のスキルを生かし、

「建築設計(=モノ)」「広告(=コト)」「不動産(=ジカン)」の一貫したサービスを提供している。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ