アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

社会的な要請を技術力と実現力でかなえる建築ソリューションコンサルタント――。<br/>新しい建築家のスタイルを確立したい

社会的な要請を技術力と実現力でかなえる建築ソリューションコンサルタント――。
新しい建築家のスタイルを確立したい

IKDS

IKDSは、池田靖史氏と國分昭子氏の二人が主宰する設計事務所だ。池田氏はコンピュータによる建築デザインなどの研究者・教育者としての顔も併せ持つ。現在、池田氏は海外案件を中心に担当。現地パートナーと協働し、自身はマスターアーキテクトとしてかかわることが多い。國分氏は国内案件を中心に「細かな手続きまですべて責任が持てる仕事」を手がける。

「二人とも自分で実設計をやるという点が強みだと思います。だから私も一人で一気通貫の仕事ができる」(國分氏)
「僕の場合、自分でデザインした3次元モデルを海外に送り、現地とやり取りしています。言葉は違えども、こちらの意図がよく伝わる」(池田氏)

 理想とする〝建築家のあり方〞も二人は共通している。池田氏の言葉を借りるなら、それは建築における〝ソリューションコンサルタント〞。「いわば、社会的な要請と技術をどう結びつけるか、そのソリューションを考えることが根本的な仕事です」。そう語る池田氏は過去、中国でこんな体験をした。

「日本の文化を中国に伝えるために、和風温泉リゾートをつくる仕事でした。海外案件は、日本のような繊細な仕事ができる職人が見つからず、僕が描いたものが、まさに絵に描いた餅に終わることもあります。でもその時は、現地の職人さんが適当につくった石積みの壁がとてもいい味を出していました。こういうよさを引き出すほうが建築家として〝仕事をしている〞感じがした」(池田氏)

 IKDSは、きれいで目立つ建物をつくるだけの仕事をあまり好まない。そのためビルディングタイプに分類できない、難易度の高い相談も舞い込む。たとえば、度重なる増築で図面がない宿泊施設を直したい、個人宅を小規模保育所に改修できないか、といった依頼など。

「最終的なイメージがない状態での依頼も多く、どのような手順が求められるのか、街並みに溶け込めるかたちで着地するには何をすべきか、そういうことから考えます。表面的なデザインは最後の話。完成した建物や空間を実際に使う人たちと一緒に、どう使っていくのかを考えるプロセスをデザインするほうが、ずっと大事です」(國分氏)

 案件を無事終えるたび、二人が提供できるソリューションの種類は蓄積されていく。期待に応え続けるほどに、持ち込まれる相談の難易度が上がるのは悩ましいが、それも同社に対する評価の高さ故なのだろう。

「毎回、コストを筆頭にあらゆる困難が降りかかるわけですが、お受けした仕事はなんとか実現にこぎつけている。うちの〝実現力〞に期待していただいているのだと思います」(國分氏)
「我々はビジネスが下手なところもあって、一つノウハウを得たらそれを横展開するほうが本当は楽。でもつい『次はまた違うことを』と考えてしまうから苦労する(笑)」(池田氏)

 ソリューションコンサルタントという新しい建築家のスタイルは、池田氏が若い建築家たちにも期待するところ。自身が中国に学んだように、海外へ飛び出してみることを勧めている。

「実際、べトナムやインドの設計事務所に就職していった教え子がいます。今の日本は世界的に見ると90点の社会です。これを95点にする仕事に意義がないとはいいませんが、まだ40点、50点の状況を60点、70点にする仕事が、海外にはたくさんある。若い人にとって、そのほうがやりがいがあるんじゃないかと思うのです」(池田氏)

 池田氏と國分氏、それぞれが見据える未来とは。

「BIMを使うことで、国外の仕事をする事務所のかたちはまだまだ進化できるのではないでしょうか。コンピュータがデザインや建築のビジネスをどう変えるかというのが大学での研究テーマなのですが、今後は仕事で実践していきたいと思っています」(池田氏)
「育児もあって私はしばらく海外の仕事から遠ざかっていましたが、やっぱり海外はすごく元気なんですよね。若い人たちがみな生き生き働いている。そういう彼らのために役立つ仕事ができたら、建築家冥利に尽きます」(國分氏)

PROFILE

株式会社IKDS<br/>代表<br/>池田靖史

株式会社IKDS
代表
池田靖史

いけだ・やすし/

1985年、東京大学工学部建築学科卒業(辰野賞受賞)、

87年、東京大学工学系大学院槇研究室にて建築学修士課程修了。

同年、槇総合計画事務所に入所。

95年、株式会社池田靖史建築計画事務所( 現IKDS)設立。

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。

博士(工学)。一級建築士。

株式会社IKDS

所在地/東京都目黒区中目黒3-1-9第3千陽ビル8階
TEL/03-5725-9211
http://www.ik-ds.com
1995年に池田靖史建築計画事務所として創業。
2003年にIKDSに改称。建築の企画、調査、計画、設計、工事監理などを行う。16年には「立川市立中砂保育園」が第10回キッズデザイン賞を受賞した。

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ