アーキテクト・エージェンシーがお送りする建築最先端マガジン

Architect's magazine

「人が居ることが許される」空間や場所をつくっていくのが僕の使命。これからの都市や建築の概念は、人間中心で考えるということに尽きる

「人が居ることが許される」空間や場所をつくっていくのが僕の使命。これからの都市や建築の概念は、人間中心で考えるということに尽きる

内藤 廣

内藤廣は、出世作となった「海の博物館」を皮切りに、「安曇野ちひろ美術館」「牧野富太郎記念館」など、とりわけ公共建築において次々と話題作を生み出してきた。周辺環境やまちの将来像を見据えたそれら作品群から、「流行を追わず、時に耐えうるものをつくる建築家」と称される。商品化、耐久消費財化が進んだ建築に異を唱え、空間や場所に、何十年も続く川の流れのような価値を吹き込む。それを可能にしているのは、極限まで自らを追い込む姿勢と、たとえリスクを伴っても常に新しいことに挑むスピリットだ。「人の居場所をつくるのが僕の仕事」。平易ながら、この深甚ある言葉に、内藤の軌跡は集約されている。

建築家・山口文象氏の進言によって開かれた建築への扉

祖父が立身した事業家で、内藤は、一族が横浜に構えていた2000坪もあるような屋敷で生まれた。しかし、その前年には祖父が他界しており、戦後のドサクサや相続争いに巻き込まれ、多くのものを失った格好で、5歳の時から鎌倉に移り住んでいる。

住んでいた屋敷が人の手に渡り、生活が大きく一変したことは、幼い頃の話ながらまだ記憶に残っています。思えば、建築家になったというのは「環境を失う」という体験が、根っこのところで影響しているのかもしれません。

それと、父のものづくりのDNA。父は、ロケット開発で高名な糸川英夫さんの研究室で航空工学を学び、航空機や自動車のデザイン、開発に携わっていました。晩年になってからも「鳥人間コンテスト」を仕掛けたり、人力ヘリコプターを道楽のようにつくっていたり。もっとも、僕には父のような優秀かつデジタルな脳みそはなく、出来の悪い長男だったとは思いますが。

内藤廣文中画像

1958年、父がオカムラで開発していた自動車を後ろに父と母と

小学生の頃は、文字どおり並の成績だったし、要領も決してよくはなかった。3年生の時だったか、通信簿に「内藤君は、仲間の悪巧みに最後のあたりで加わり、逃げ遅れてはいつも立たされている」と書かれまして。誰かが何か面白そうなことをやっていると、興味はあるけど、利発じゃない僕は遅まきに加わって、結果、叱られ組になる。小学校の先生の見抜きってすごいですよ。今も、さして変わらないような人生を歩んでいると思うから(笑)。

中・高校生時代に打ち込んだのは卓球部での活動。次第に成績を上げた内藤は、進学校の湘南高校に入学した後も、ほぼ休みなしで練習に明け暮れ、3年生後半まで主将として最後の大会に臨んだ。その内藤が、建築学科を受験すると公言した際、「そういう世界とは無縁の体育会系というイメージだから、クラスの連中に大笑いされた」。

具体的に、建築家や建物に憧れてというわけではないんです。確たる将来像がなかった僕は、親戚に医者やデザイナーなどがいたので、いろいろと職業について聞いて回ったのです。その時、母が「山口のおじさんは建築家みたいよ。話を聞いてみたら」と。山口文象さんです。そんな偉い建築家だとは知りませんでした。実は、母の実家が山口邸の隣で、幼い頃よく遊びに行っていたのです。山口さんは「ひろちゃん、よく来たね」と、いつも可愛がってくださった。訪ねた折に助言されたのは、「人間そのものや生活を扱う建築を勉強しておけば、将来何にでもなれる。とりあえずやってみたら」。この言葉がきっかけになりました。

当時の空気として、1年、2年浪人して東大に行くのがザラだったので、僕も漠然とそう考えていたのですが、受験の年は安田講堂が炎上。翌年に東大を狙ったものの叶わず、早稲田の建築学科に入学したというわけです。

しかしながら、こちらも大学はロックアウト状態で、授業などまともに受けられる環境じゃなかった。大学にはほとんど行かず、やっていたことといえば一人旅。建築事務所でバイトしながら、少しお金が貯まるとぷらっと出かける。乗る列車を決めずにまず上野駅に行き、気の赴いた先に向かうんです。なかでも、北海道や東北にはよく旅をしました。今、僕は三陸の復興に携わっていますが、どこかでこの頃の土地勘が生きている。若い頃の経験は大きいというか、やはり貴重ですよね。

師から強烈な影響を受け、「建築に向かう根源」を学ぶ

ページ: 1 2 3 4

PROFILE

内藤 廣

内藤 廣

1950年8月26日  横浜市保土ケ谷区生まれ
1974年3月     早稲田大学理工学部建築学科卒業
1976年3月     早稲田大学大学院修士課程修了
1976~78年      フェルナンド・イゲーラス建築設計事務所(スペイン)
1979~81年       菊竹清訓建築設計事務所
1981年         内藤廣建築設計事務所設立
2001年        東京大学大学院工学系研究科社会基盤工学 助教授
2002~11年      東京大学大学院工学系研究科社会基盤学 教授
2007~09年     グッドデザイン賞 審査委員長
2010~11年    東京大学 副学長
2011年~ 東京大学 名誉教授

主な受賞

1993年 芸術選奨文部大臣新人賞、日本建築学会賞、吉田五十八賞
2000年 村野藤吾賞、IAA国際トリエンナーレグランプリ、 毎日芸術賞
2008年 ブルネル賞
2010年 公共建築賞・特別賞
ほか受賞多数

人気のある記事

アーキテクツマガジンは、建築設計業界で働くみなさまの
キャリアアップをサポートするアーキテクト・エージェンシーが運営しています。

  • アーキテクトエージェンシー

ページトップへ